脊山麻理子(右から2番目)と鈴木奈々(左から2番目)がプロレスデビュー!/(C)テレビ朝日

写真拡大

'17年1月4日(水)に放送される、さまざまな業界のプロが集まってガチでスカウトするバラエティー「スカウちょ!」(テレビ朝日※関東ローカル)で、スターダムなど女子プロレス団体からスカウトされた脊山麻理子、鈴木奈々、矢口真里。

【写真を見る】セクシーさには定評のある脊山麻理子が露出が激しい衣装で登場!/(C)テレビ朝日

彼女たち3人のうち、スターダムでのプロレス挑戦を決断した脊山と鈴木のデビュー戦が早くも12月22日(木)に決定した。

スターダム代表取締役・ロッシー小川、女子プロレス界のエースで“天空の逸女”の異名を持つ紫雷イオ、そして第8代ワンダー・オブ・スターダムチャンピオン、“海賊王女”こと宝城カイリも出席しての記者会見が行われた。

ロッシーは「『スカウちょ!』という番組とタイアップし、1カ月もたたないうちにリングデビューさせるという強行軍になりましたが、デビューする二人は一生懸命練習しています。きっといい成果をリングで披露してくれると思いますので、期待していただいていいと思います。12月22日木曜日、後楽園ホール、午後6時半から始まりますスターダムの大会をお見逃しなく!」と、力強く宣言した。

続いて、デビューが決まった脊山が「ちょっと緊張しちゃって何を言っていいのか分からない」と照れ笑いを浮かべながら、現在の心境を告白。

「アナウンサーから始まってグラビアデビュー、そしてついにプロレスデビューまですることになりました。プロレスは大好きだったので、いつも観戦していた場所に、まさか自分が立つ日が来るとは、それだけで衝撃の出来事です。

今はうれしさと緊張でドキドキしています。私もプロレスが好きなので、ファンの気持ちが分かるのですが、プロレスを好きな人に対して失礼のないよう全力で練習をさせていただいています。よろしくお願いします」と思いを明かす。

一方、鈴木も「全力」での挑戦を力強く宣言。「私はプロレスデビューすることになりました。全力で体を張ってこれからを生きていきたいと思います。全力でプロレスを頑張りたいと思います。全力で練習をして頑張って、本番に挑戦したいと思います。応援よろしくお願いします。ありがとうございました」とあいさつした。

バラエティーの仕事が終わってから竹芝にある道場で練習をしているという鈴木。現時点で覚えた技を聞かれると「私、どんな技をやっていましたっけ?」と、対戦相手でもある宝城へ助け船を要求。

宝城から教えられ「あ、モンゴリアンチョップですね。あと飛びましたよね?…(技の名前を)覚えられないんですよ(笑)。あ、エルボーもやりました」と、バラエティーでの鈴木そのままにアタフタ。それでも宝城からは「エルボーはすごくいいです。気迫がすごかったです」とお褒めの言葉ももらっていた。

対照的に「元アナウンサーの性分でノートをとるのがクセ。どういう技を覚えたかノートにとってあります」と、脊山はノートを片手に覚えた技をスラスラ。「クロスボディ、STF、首四の字など。デビュー戦がタッグマッチなので秘密のコンビネーション技も(紫雷と)考えてはノートにつけています。

イオさんのパワーを借りて格好いい技を決めたいと思っています」と笑みを浮かべると、ノートをのぞきこんでいた鈴木も「めっちゃ書いている。真面目」と感嘆していた。

それでも、スカウトから約1カ月でのリングデビューは強行軍。しかも、デビュー戦が行われるのは“プロレスの聖地”と呼ばれている後楽園ホールだ。ヘタな試合をしようものなら、目の肥えたプロレスファンからブーイングを浴びるのは必至。

「人生を賭けて、後悔をしたくないと仰ったお二人ですから、人生の何かを賭けて今回のリングに上がってくれると思っています。そんなお二方が試合を終えた後に何か心に感動のようなものが残ってくれるといいと思いますし、お客さんもきっと何かしらの感情を持って帰ってくれると思うんです。

お二人にしか見せられないものが絶対にあると思っているので、それをリングで出してくれることを期待しています」(紫雷)

「私もイオさんと同意見ですが、例え試合で失敗してもいいと思うんです。大切なのはお二人の気持ち。うまくいかなくてもお二人だったら、立ち上がり続けて、肩を上げ続けるという熱いプロレスが見せられると思います。絶対にファンの皆さんにも生で見てほしいと思っています。見逃さないでほしいですね」(宝城)と、それぞれ力を込めた。

少ない時間の中で練習を重ね、女子プロレスラーとして「本気」になってきた脊山と鈴木。後楽園ホールでのデビュー戦では「スカウちょ!」だからこそ実現した、新たな可能性が開花する瞬間を見せてくれそうだ。

日本の女子マット界の歴史が変わる瞬間を、まばたきすらせずに見守ってほしい。