50万人の命を、守ることができるか? (C)2017「相棒 劇場版IV」パートナーズ

写真拡大

 国民的人気ドラマシリーズの映画最新作「相棒 劇場版IV 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断」の予告編が、このほど完成した。犯人に「あなたは生きてください」と語りかける杉下右京(水谷豊)、さらに冠城亘(反町隆史)が声の限りに右京の名を叫ぶ姿が収められており、クライマックスの衝撃展開へ期待が高まる仕上がりとなっている。

 2000年に誕生した「相棒」シリーズは、これまで3作の劇場版と2作のスピンオフ作品が公開され、ファンからの熱い支持を受けてきた。今作では4代目相棒・冠城が、満を持して劇場版に初登場。少女誘拐事件を発端に、50万人を標的とした無差別テロ事件が展開されるさなか、右京と冠城が事件解決のため死力を尽くすさまを描いた。

 「私は7年前に誘拐された鷺沢瑛里佳です」と語る少女の姿から始まる予告は、テロ組織「バーズ」のリーダー“レイブン”による犯行が、スピーディーに映し出される。ターゲットは50万人の見物客が集まる国際スポーツ競技大会の凱旋パレードで、レイブンは身代金を要求するが、日本政府はこれを拒否。予断を許さない緊急事態へと突入していく。そして右京は、犯人に向け「自分の命を粗末にしてはいけない。たとえ裁かれる身であっても、あなたは最後の時まで生きるべきです。いや、生きてください」と説得する。なぜ犯人を守ろうとするのか、事件の裏に隠された切ない真相が明らかになる。

 「相棒 劇場版IV 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断」は、及川光博、石坂浩二、仲間由紀恵、六角精児、北村一輝、山口まゆ、鹿賀丈史らが共演。2017年2月11日から全国で公開される。