『君の名は。』 (C)2016「君の名は。」製作委員会

写真拡大

日本のみならず、アジア各国でも大ヒット上映中の新海誠監督作品『君の名は。』が、中国とタイ、それぞれの国で、これまでに公開された日本映画の歴代最高興収記録を塗り替えたことがわかった。

『君の名は。』興収200億円突破に、新海誠監督がコメント

12月2日に公開となった中国では、公開16日間の興収で、それまでの日本映画記録である『STAND BY MEドラえもん』の5.3億元(約89.5億円/1元16.9円換算)を上回り、中国で公開された日本映画としての歴代新記録を樹立! また、今年中国で公開された2Dのアニメ映画としても第1位に躍り出た。

11月10日より公開中のタイでも、同じく『STAND BY MEドラえもん』の3956万890バーツ(約1.3億円/1バーツ3.3円換算)を超え、歴代第1位となっている。

『君の名は。』は既に世界92の国と地域で海外配給が決定しており、今後も、フランス(12月28日公開)、韓国(2017年1月4日公開)と各国で順次公開予定となっている。

【中国で公開された日本映画の興収歴代ベスト3】※中国映画アプリ猫眼調べ
第1位:君の名は。(5.34億元=約90億円)
第2位:STAND BY MEドラえもん(5.3億元=約89.5億円)
第3位:ワンピースGOLD(1.07億元=約18億円)

【タイで公開された日本映画の興収歴代ベスト3】※タイ配給会社調べ
第1位:君の名は。(4412.2万バーツ=約1.4億円)
第2位:STAND BY MEドラえもん(3956万バーツ=約1.3億円)
第3位:進撃の巨人(前篇)(1917.8万バーツ=約6,326万円)