18日、中国の若手女優チャオ・リーインの低学歴をけなすコメントに、ネットユーザーが怒りの声を上げている。

写真拡大

2016年12月18日、中国の若手女優チャオ・リーイン(趙麗穎)の低学歴をけなすコメントに、ネットユーザーが怒りの声を上げている。捜狐が伝えた。

【その他の写真】

チャオ・リーインは14日、中国の最難関大学の一つ、清華大学の校門前で撮った写真を中国版ツイッターに投稿。写真では上着のフードで顔を完全に隠しており、「将来またここに立つ機会があれば、その時は絶対に顔を出すんだけど!これは本当に大きな夢」と、大学進学への憧れを語っている。

このメッセージに対し、一部のネットユーザーが「大卒ではない人間の来るところじゃない」などと批判に満ちたコメントを投稿。しかしこれがネットユーザーたちの怒りに火を点け、エールを送る意味で、すでに同投稿は100万回近くもシェアされている。

映画専門大学の出身者が多い中国芸能界で、チャオ・リーインは異色の存在だ。河北省の農村に生まれ、最終学歴は専門高等学校卒。2005年に参加した全国オーディションがデビューのきっかけで、数々のドラマで脇役を演じ、最初に注目されたのは11年のドラマ「新還珠格格」の公主役だった。13年に主演2作目のドラマ「後宮の涙」で大ブレーク。農村からトップスターに上り詰めた数少ない例となっている。

それだけにネットユーザーからは、「高学歴を無駄にしてるやつは大勢いる」「今があるのは努力のたまものだ。けなす権利は誰にもない」「学歴は人間を測るものさしじゃない」「大学生には頭の中身が子どもみたいなのもいる」「幹部の子どもはカネで大学に入ってるぞ」などといった声が上がっている。(翻訳・編集/Mathilda)