クリスマスはキリスト教の行事なので、19世紀(1800年代)のクリスマスカードともなれば、きっと禁欲的で真面目な絵柄ばかり……とは限らないようです。

100年以上前のクリスマスにも、型破りなカードを贈りあっていました。

シュールで不気味な当時のカードをご紹介します。

 

1.

「あなたのクリスマスが楽しいものとなりますように」
なぜ死んだ鳥の絵と一緒!?

2.

「ハッピークリスマス」
白クマに襲われながら。

3.

「メリークリスマス」
カエルの強盗。

4.

「ハッピークリスマス」
顔はかわいいけど、なんだか怖い。

5.

「メリークリスマス」
スターウォーズ?

6.
[画像を見る]
「メリークリスマス」
ラピュタ?

7.
[画像を見る]
「メリークリスマス&ハッピーニューイヤー」
毒殺されてる……。

8.
[画像を見る]
「ハッピークリスマス」
おいしそうではあります。

9.
[画像を見る]
不吉を通り越して悪魔にさらわれてる……。
クランプスという、ヨーロッパの伝説的怪物だそうです。(Wikipedia)

メッセージはめでたいのに、イラストは不吉というギャップが、当時のユーモアだったのかもしれませんね。

[画像を見る]
もちろん、不吉なものばかりではなく、こうしたかわいいカードもありました。

せっかく贈ってもらうなら、やはり縁起の良いカードがいいですね。

【「贈られても喜べない…」どこか不気味な19世紀のクリスマスカードいろいろ】を全て見る