一昔前までは、既婚男性は結婚していることを隠していましたが、今やオープンにする方が信頼感を得られるということで隠している人はあまり見かけなくなりました。じつは、これは彼女がいる男性も同じこと。つまんで遊ぶ程度と割り切るのであればかまいませんが、本気になると痛い目にあいますので、ご注意を。

「付き合う」という話を避ける

奥さんや彼女がいるのに、飲みに行ったり肉体関係を持ってしまって、そんな関係がいつの間にかダラダラと続いていくうちに、情が芽生えてしまい「いつか彼女と別れてくれるかも」とか「私たちは付き合っている」とおめでたい方向に解釈するのは、いかがなものでしょうか。
相手はいつでも逃げられる状態にあるからこそ、核心に迫らせないようにしているわけです。とにかく明確な話を逸らします。

それとなく問い詰めてみても……

しびれを切らしたあなたが、彼に問いただしてみると「お互いのことをゆっくりと理解したい」「今は待ってくれる?」と……この手の返答はお決まりのセリフです。いかにもあなたとの未来を考えているふうに聞こえますが、その場しのぎでしかありません。
これは今が楽しければいいだけということです。もしも本当にあなたと真面目に付き合いたいと考えているならば、こんな当たりさわりのない言葉ではなく、もっと具体的な話をするはずです。

「相手とうまくいってない」

これはもう、あなたをつなぎ止めるために言うだけのことです。男性というのは、女性のように恋愛を逃げ道にしない生き物です。つまり、彼女や奥さんとうまくいっているからこそ、余裕ができて浮気するのです。ですからハナから別れようとは思っていないということを頭に入れておかねばなりません。
一方、女性は恋愛を逃げ道にするため、どっぷりと相手にはまりやすい傾向があるため、これが相手のペースにズルズルしてしまう要因でもあります。

“理解者”という言葉を並べまくる

そして最後に「〇〇ちゃんだけがよき理解者だよ」とか「最後まで味方でいてね」などと会う度にうえつけられて、あっと言う間に洗脳されてしまうのです。こういった男性から理解者という言葉が出た段階で「都合のいい女でいてね」と念を押されてるのだと思ってください。あなたが独身ならば、彼女持ちや既婚者を理解する必要はありません。

いかがでしたか?
恋愛は対等なはず。互いにフェアであるべきです。問い詰めたときに「相手の気持ちが変わるまで待つ」というのは、あなたと進展することから逃げているだけのこと。バランスの悪い恋愛は傷つくだけです。都合のいい女になりたくないのであれば「真面目に付き合いたければ、別れてから出直してほしい」と突き放しましょう。