ジェニファー・ローレンス

写真拡大

新作映画『パッセンジャー』のプロモーションで『MTV News(原題)』に出演したジェニファー・ローレンスが、『X-MEN:アポカリプス』で演じたミスティーク役で『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の続編に出たいという願望を明かした。米Entertainment Weeklyが報じている。

ジェニファーは、『パッセンジャー』で共に主演を務めたクリス・プラットと出演。インタビュアーから、クリスが主演を務めた『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の世界に登場してみたいかと尋ねられると、「素晴らしいわね、ぜひやってみたいわ」と即答し、「実は、『X-MEN』の新しい映画に出演するかはわからないの。『X-MEN』にミスティークとして出演しないとしても、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』にはミスティークで出てみたいわ。実現できないかしらね」と、ミスティークとして『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』に出演するというクロスオーバーを熱望した。

しかしながら、続編となる『Guardians of the Galaxy, Vol. 2(原題)』はすでに撮影を終えたポストプロダクションの段階に入っているため、今からの出演は叶わないだろう。さらに、『X-MEN』の配給は米FOXが行っているのに対し、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』は『アベンジャーズ』同様米ウォルト・ディズニー・スタジオの管轄下にあるため、クロスオーバーを実現することは難しいのが現実だ。

『X-MEN』の次回作に出演することについては、「(マイケル・)ファスベンダーと(ジェームズ・)マカヴォイと私はよく話していたの。"戻ってくるかい?""わからない""あなたが戻るなら私も戻ろう"って感じでね。FOXにとっては大変よね。もしこの中の誰かが戻らないと言えば、みんな戻らないことになってしまうんだから」と、曖昧に回答した。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』での奇跡の共演が実現するのか。その前に観ておきたい『パッセンジャー』は、来年3月24日(金)に全国で公開予定。(海外ドラマNAVI)