「付き合って」と言えばセックスができると勘違いし、テキトーな気持ちで女子に「付き合って」と言ってしまう残念な男子もいます。
そしてそんな言葉にだまされて彼を一途に愛し、彼が忙しいと言ってなかなか会えなくても彼を待ってしまう、健気なのか男を見る目がないのかわからない女子もいます……。
たしかに「付き合って」と言われ承諾したら、まぁ一応は「彼女」なわけです。でも大事にされている本命彼女なのか、たまに遊べる都合のいい女なのか気になるところ。もし付き合った彼が「忙しい」と言ってなかなか会ってくれない場合、ここで「本命」か「都合のいい女」か、判断してみるのもいいかも。

予定を教えてくれる

本当に彼女のことが大事なら不安にさせないように、また会えない理由をわかってもらえるようにある程度先の予定は彼女に伝えます。なのでもし彼に会いたいと言っても「忙しい」だけで、あなたに先の予定を教えてくれない場合、都合のいい女にされていると思っていいかも。

セックスなしのデートもしてくれる

本命彼女とはスキマ時間でも会いたいと思うはず。なので、仕事合間のランチとかちょっとした時間でもセックスなしで会ってくれるのなら、自信を持って本命と思ってもいいでしょう。
逆にいつも会うのは夜からで必ずセックスありのデートという場合はちょっと危険……。何度か彼に昼間のランチのみのデートを提案してみましょう。それを彼がことごとく断るなら都合のいい女と思っていいです。

時間とお金と労力で判断

大事な彼女には忙しくても連絡はするし、頑張って会う時間も作るし、デート代だって出してあげたいと思うはず。忙しい男子って男子には変わりありません。好きな女子には時間とお金と労力は使います。もし連絡をしても全然返信してくれない、会いたいと言っても一向に時間を作ってくれない、デート代も割り勘、もしくはあなたが多めに払う……という場合彼に大事にされてない都合のいい女と思っていいです。

一緒に写真を撮るか

彼と一緒に写真を撮ろうとしたとき、彼の反応で判断してみるのもありです。
大事な彼女との思い出は残したいと思う男子は多いはず。なので一緒に写真を撮ろうとしたときに、彼が普通に応じてくれる、または彼の方から一緒に撮ろうとしてくれるなら本命と思っていいでしょう。逆に彼が頑なに拒んだり、いやいや応じる場合は都合のいい女の可能性大。
別に都合のいい女との思い出なんていらないし、ほかの人に見られても困るので不要という場合が……。