ソン・ヘギョ、上海のユン・ボンギル記念館にハングルの案内書を寄贈

写真拡大 (全2枚)

海外にある韓国の歴史遺跡地にハングルの案内書を提供してきた女優ソン・ヘギョと韓国広報専門家ソ・ギョンドク誠信(ソンシン) 女子大学教授が中国・上海のユン・ボンギル記念館にハングル案内書を寄贈したと19日、明かした。

今回のこのことを企画したソ教授は「ユン・ボンギル義士(朝鮮時代の独立運動家) の殉国日である12月19日に合わせ、上海のユン・ボンギル記念館に韓国語および中国語で制作された案内書1万部を寄贈し、本日から観覧客に無料で提供し始めた」と伝えた。

今回の案内書には、ユン・ボンギルの義士としての生涯、虹口公演での義挙、ユン・ボンギル義挙の対外的影響、ユン・ボンギル記念館に関する全般的な紹介などが前面カラーで詳しく説明されている。

案内書制作を後援したソン・ヘギョは「中国国内にある韓国の歴史遺跡地とはいえ、まだハングルの案内書がないところがかなりある。このような小さいこと一つが、韓国と海外訪問客誘致の役に少しでも立てばと思う」と伝えた。

これについてソ教授は「海外にいる韓国の歴史遺跡保存状況はあまりいい方ではない。しかし、韓国の国民たちがより大きな関心を持って訪問することだけが、他国にいる私たちの遺跡地を守っていける最高の方法だ」と強調した。

彼らはこれまで重慶臨時政府庁舎および米LAの鳥山(トサン) アン・チャンホハウスなど、世界の韓国歴史遺跡地12ヶ所にハングル案内書を寄贈し続けている。

ソ教授は「これからもソン・ヘギョさんとハングル案内書がないところに継続的に寄贈していく予定で、今後音声サービスおよびアプリケーションサービスなど多角的な方法で韓国の歴史遺跡地を広報していく計画だ」と明かした。

ソン・ヘギョとソ教授はこれまでニューヨーク現代美術館(MoMA)、ボストン美術館、トロント博物館(ROM) など世界的な有名美術館および博物館にもハングル案内書を提供し続けている。