亀田製菓と尾西食品の「災害食用梅がゆ」

写真拡大

菓子メーカーの亀田製菓(本社・新潟市)と、長期保存食の製造販売を手掛ける尾西食品(本社・東京都港区)は共同で2016年12月15日、高齢者や要介護者にとって食べやすく、非常食として長期保存もできるおかゆ「災害食用梅がゆ」を発売した。

発表資料によると、同商品は日本介護食品協議会による介護食認定を受けており、舌でつぶせる柔らかさになっている。日本災害食学会の認証も受け、賞味期間5年という長期の備蓄ができる。