ドラマで主演を務める新垣結衣(写真は今年10月撮影)

写真拡大

 新垣結衣が主演を務める人気ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系・毎週火曜よる10時)の撮影ロケ地となっているマンションでの迷惑行為が問題になっている。

 ドラマの公式サイトでは17日、「最近、『逃げ恥』撮影ロケ地であるマンションを訪れ、写真等を撮影したり、住居スペースに入ったりと ご迷惑をおかけするという案件が出てきております」と明かすと、「快くお貸しいただいたロケ地は、ドラマで使用されてはいますが、一般の方が生活する居住地です。そのような行為はお控えいただきますよう、お願い申し上げます」と注意喚起。「『逃げ恥』をご覧になっている皆さま、ロケ場所をお貸しいただいた地域の皆さまにも 最終回を気持ちよく、楽しんでご覧いただけることを願っております」と呼び掛けた。

 主に漫画やアニメの舞台を実際に巡ることを表す“聖地巡礼”という言葉が「2016ユーキャン新語・流行語大賞」のトップテンに入るなど、その行為は一般的となる一方、今年9月にはアニメーション映画『君の名は。』の公式サイトで同様の呼び掛けがなされるなど、ファンのマナーが問われている。(編集部・中山雄一朗)