WINNER カン・スンユンが告白「人気に酔いしれていた」

写真拡大

WINNERのカン・スンユンが人気を初めて得た後の気分について明かした。

韓国で18日に放送されたSBS「コンノリペ」では花の家で韓定食を食べながら会話をするカン・スンユンとアン・ジョンファンの姿が描かれた。

アン・ジョンファンは「知りたいことがある」とし、「一般人として暮らしていたのに、一夜にしてスターになり、人々に好かれ、大変なことも多かったと思うがどうだったか」と質問した。

カン・スンユンは「ぼうっとしていながらも、酔いしれていた。あえて人の多いところに行った。気づいてほしくて。自分が最高だと思っていた」と正直に話した。

しかし、大変なところもあった。活動をしないときは収入がゼロになるということだ。彼は「『コンノリペ』レギュラーメンバーになったとき、嬉しかった。固定収入ができたためだ」と話した。