本人役で「ユーリ!!! on ICE」に出演を果たした、ステファン・ランビエール選手/(C)はせつ町民会/ユーリ!!! on ICE 製作委員会

写真拡大

12月21日(水)深夜に放送される、本格フィギュアスケートアニメ「ユーリ!!! on ICE」(テレビ朝日ほか)最終話に、スイスのフィギュアスケート選手のステファン・ランビエールが本人役で出演することが決定。本人役としてのTVアニメ初出演となる。

【写真を見る】同作を見ているランビエール選手は、初出演に大喜び!/(C)はせつ町民会/ユーリ!!! on ICE 製作委員会

同アニメは、フィギュアスケーターとして類まれなる才能を持ちつつもプレッシャーに弱く肝心な場面でいつも自滅してしまう勝生勇利が主人公。物語は、勇利がずっと憧れ続けてきた世界選手権5連覇の最高峰スケーターであるヴィクトル・ニキフォロフをコーチに迎え、ロシアの次世代スケーター、ユーリ・プリセツキーらライバル選手達が待ち受けるグランプリシリーズに挑みゆく姿を描いてきた。

放送が開始するやいなや、そのスケーティングシーンのクオリティーの高さや、コミカルにテンポよく展開されるストーリーが大きな反響を呼び、アニメファンのみならずフィギュアスケートファンからも高い評価を受けている。

作品を見ているというランビエール選手は「『ユーリ!!! on ICE』と、ヴィクトルと勇利というキャラクターが大好きです。あの二人の関係は素晴らしいと思いました。一緒に仕事をしたり、お互いに励まし合ったりするのを見るとインスピレーションを感じます。フィギュアスケートのファンももちろん、選手もインスピレーションを感じていますし、今までスケートと全く縁のなかった一般の方も興味を持つきっかけとなるアニメだと思っています」とゲスト出演が実現した感想を明かした。

初体験となったアフレコについては、「アフレコの現場は大変素晴らしかったです。どんな仕事になるのか全く予想がつかなかったので、少し緊張していましたが、思っていたよりも早く収録できましたし、結果すべてうまくいきました」と笑顔で語り、「そして、『ユーリ!!! on ICE』のスタッフの皆さんの雰囲気がとても良く、お会いできたのがうれしかったです。このような機会を与えてくださり、本当にありがとうございました」と感謝の意を表した。

いよいよ最終話を迎える「ユーリ!!! on ICE」。勇利たちが挑むグランプリファイナルはどのような結末となるのか、ランビエールの声と共に見届けよう。