低糖質ダイエットをやっている芸能人に学ぶ、成功の秘訣

写真拡大

 パンやパスタは食べない、ご飯を食べるときは野菜やおかずから。そんな低糖質ダイエットは、今や多くの人が実践しているダイエットの一つ。

 でも、どうしても炭水化物が食べたくなることってありますよね。この低糖質ダイエットをしている芸能人たちは、そんなとき、次のようなテクニックで乗り越えているそうですよ!

 例えば小森純さん。産後ダイエットで約16キロ痩せたことで有名です。そのとき、炭水化物は一食80グラムまでに制限していたそうですが、代わりに肉・魚・卵・豆類などのたんぱく質やビタミン・ミネラルを中心にきちんと食べていたとのこと。

 そして2日に1回の運動も行っていたとか。どうしてもイライラして炭水化物が食べたい!となりそうなときは、ヨーグルトや豆乳プリンを食べて過ごしたそうです。

 また、かつてダイエットに成功したダレノガレ明美さんは、昼は食べたいものを和食・焼き魚を中心にこだわりなく食べて、夜は炭水化物をとらないという食生活を送っていたそう。一食だけは普通に食べるというのも、低糖質ダイエットを長く続けるコツといえそうですね。