写真提供:マイナビニュース

写真拡大

JAL(日本航空)とANA(全日本空輸)グループは、2017年2月1日以降の航空券発券分に適用となる「燃油特別付加運賃」(燃油サーチャージ)を改定する。

適用期間は、両社ともに2017年2月1日から3月31日発券分まで。日本発着の国際線区間に適用となり、1旅客1区間片道あたり、日本=北米(ハワイ除く)・欧州・中東・オセアニアが3,500円、日本=ハワイ・インド・インドネシアが2,000円、日本=タイ・シンガポール・マレーシアが1,500円、日本=ベトナム・フィリピン・グアムが1,000円、日本=中国・香港・台湾が500円、日本=韓国が200円。なお、現行では適用なしとなっている。

両社では、燃油特別付加運賃額を2カ月ごとに、直近2カ月間の燃油市況価格平均に基づき見直している。10月から11月におけるシンガポールケロシン市況価格の2カ月平均が1バレルあたり58.69米ドル、為替レートは1ドル=106.00円、よってシンガポールケロシン市況価格の円貨換算額は6,221円となったため、改定を決めたとのこと。