「2016年“最も美しい顔”」に選ばれた桐谷美玲

写真拡大

 女優の桐谷美玲(27)がビューティーマガジン「VOCE」の「2016年“最も美しい顔”」に選出され、19日に都内で行われた「VOCE BEST COSMETICS AWARDS 2016」に出席。大人っぽさを意識したという、白レースのロングドレスで現れた桐谷は、「すごく光栄で嬉しいですけど、恥ずかしい気持ちもあります。わたしでいいのかな?」とはにかんだ。

 「VOCE」主催により、その年の最も優秀なコスメを選出する本アワードで発表される“最も美しい顔”(昨年までの名称は「BEAUTY OF THE YEAR」)。今年はVOCEの表紙に登場するたびに反響が大きく、また、見た目の美しさだけでなく、1年を通じた活躍も含めて美しく輝いていたという理由で、桐谷に決定した。

 自身について「普通(の顔)です。(街に)馴染むタイプ」と謙遜する桐谷だが、その美貌は世界に通用するほどで、アメリカの映画サイト TC Candler が選出する「世界で最も美しい顔100人」に2012年から4年連続ランクインし、日本人として最高の8位に輝いたこともある。それについて桐谷は「Yahoo!ニュースで初めて知るので結構ビックリします。何を見て、どういう方が選んでくださっているのかがわからないので意気込みも何もないですけど、もし今年も入ることができたらありがたいですね」と期待をのぞかせた。

 今月16日に27歳になった桐谷は「16歳でこの仕事を始めたので、時の流れの速さにビックリしています。11年間駆け抜けてきた印象が強いです」と打ち明けると、「大人なので、どういう方向に進むかを考えながら過ごしていきたい」と将来を見据えたコメントも。そして、「ドラマ主演を2本、引き続きニュースもやらせていただいたし、ステップアップできたかなと思います」と今年を振り返ると、「毎年ディズニーランドに2回以上行くことを決めているんですが、それも達成したので悔いはないです」とキッパリ。来年は「地道に今あるものを少しずつレベルアップできればいいかな」と意気込んだ。

 年頃とあって恋愛事情にも話が及ぶが、「それ(恋人)もいいですけど、(ペットの)犬が隣にいてくれると暖かくてよく眠れます」とはぐらかすと、結婚や出産については、第2子を妊娠した同じ事務所の黒木メイサなどに「尊敬します」と敬意を示しながらも、「想像がつかないので、どんな感じなんですかね」と思いを巡らせた。(取材/錦怜那)