格闘技にケガはつきものだが、死亡事故は絶対に避けたい(cowardlion / Shutterstock.com)

写真拡大

 12月29日と31日に、さいたまスーパーアリーナで開催され、大晦日にフジテレビ系で全国中継される格闘技イベント「RIZIN」。その対戦カードのひとつが波紋を呼んでいる。

 それは11月26日に記者発表された女子のワンマッチ。「女子最強ではなく、人類最強」と称される186cm・90kgのブラジル人柔術家のギャビ・ガルシアに、プロレスラーの神取忍が挑むというのだ。

 かつて「女子プロ最強の男」と呼ばれ、プロレスでは天龍源一郎とも闘った神取忍も今や52歳。試合は顔面への打撃やキックもOKの通常ルールで行われる。グローブを大きくしたり、試合時間を短くしたりはしない。

 ガルシアとの年齢差22歳、体重差は約25kg。神取本人の希望で実現させたというものの、危険な対戦ではないだろうか? 

 メディアからも「顔面を殴り合う、すなわち脳にダメージを与えることが可能なルールの闘いを、本人が望んでいるという理由でやらせるのは疑問」(Number Web 2016年12月4日)と懸念の声が上がっている。

テコンドーの「頭部キック」も禁止すべき

 プロの格闘家だけでなく一般の愛好家にとっても、格闘技には高い確率で怪我の危険がある。心身を鍛える目的で、子どもに早くから空手など格闘技を習わせる親もいるが、近年は未発達な子どもに対戦型の格闘技をさせる事に対して、警鐘を鳴らす専門家も多い。

 アメリカでは11月28日、「安全のために子どもは非接触型の武道だけを行うべきだ」という米国小児科学会(AAP)の報告が、『Pediatrics』(オンライン版)に掲載された。

 アメリカでは約650万人の子どもが、総合格闘技や空手、テコンドー、柔道などを習っている。これらの競技は、健康や運動技能、情緒的な発達を向上するメリットがあるが、半面ケガのリスクもある。

 そして格闘技によるケガは打撲や捻挫が大半を占めるが、もっと深刻なものもある。たとえば総合格闘技の練習では脳震盪、窒息、脊椎損傷、動脈破裂など、頭や頸部の外傷のリスクが高い。

 リスクの高い技は、頭部への直接打撃、床への頭部の打ちつけの繰り返しなどだ。怪我の発生率は格闘技の種類にもよるが、練習1000回あたり41〜133件。さらにソフトヘルメットなどの防具が脳震盪から身を守るという証拠はなく、かえって安全だと勘違いされる可能性もある。

 著者であるAACスポーツ医学・フィットネス評議会のChris Koutures氏は、「子どもに習わせる格闘技はさまざまな種類があるが、非接触型のものと実戦型のものでは外傷リスクが異なる」と話す。そして、総合格闘技の大会や接触を伴う練習は、心身が十分に成熟するまで待ってから実施するよう勧めている。

 競技の安全性を高めるためには、ルールの見直しも視野に入れる必要がある。たとえばテコンドーのトーナメントでは、頭部へのキックにより追加点が入るルールがあるが、脳震盪リスクが高まるため廃止することを勧めている。
授業や部活の柔道で子どもが死亡するのは日本だけ

 近年、スポーツによる頭頸部への衝撃が子どもに深刻な影響を与えることがさまざまな研究から明らかになり、クローズアップされている。しかし日本では、科学的な分析や認識が海外ほど進んではこなかった。

 象徴的な例が、繰り返されてきた「柔道事故」である。わが国ではこれまで学校管理下だけでも、30年間で118名の中高生が頭部や頸部のケガで命を落としてきた。年平均4人以上の死亡という数字は他のスポーツに比べても突出して高い。

 しかし「全国柔道事故被害者の会」が2010年、欧米の主要な柔道連盟に対して行った調査によると、フランス、イギリス、ドイツ、アメリカ、カナダ、オーストラリアにおける子どもの重篤・死亡事故はゼロ。ここまで事故が多発しているのは日本だけだ。

 その一因として、日本では学校事故が責任問題に発展しやすいため、合理的な原因分析がされにくい土壌がある。全日本柔道連盟も長年にわたり、重大事故の問題に目を向けてこなかった。

 また事故は、1年生に多いことから、十分に受け身ができないのに「稽古」として無茶な乱取りを行う、頭痛を訴えても練習を続けさせるなど、海外ではあまり見られない日本柔道の文化的な背景も関係しているとみられる。

柔道界あげて取り組めば事故ゼロは可能

 しかし、その状況もここ数年で大きく改善されている。

 多発する柔道事故の問題が直近でクローズアップされたのは2012年。中学・高校での武道の必修化を前に、事故被害者や父兄の間で危機感が強まり、事故に対する批判が高まったことがきっかけだ。

 文部科学省は教員向けの柔道指導の手引を策定。授業では、体格や技能差のある子ども同士で組ませないことや、指導教員に対する安全教室などを実施。さらに、全柔連も頭部外傷の防止を始めとする安全対策に積極的に取り組んだ。

 その結果、2012〜2014年度の約3年間は、それまで毎年続いていた授業や部活での死亡事故ゼロが続いたのである。あまりに報道されていないが、めざましい成果だ。

 しかし残念ながら2015〜2016年にまた事故が増加。3名の中高生が死亡、4名が重症を負っている。これを重くみた全柔連は、11月上旬に、各都道府県連盟に事故防止の啓発活動を促す文書を送付。指導者を対象にした講習会で、「大外刈り」などの危険な技に対する注意喚起を行うよう呼び掛けた。

 海外の強国で無事故が達成できている以上、日本でできない理由はない。これからも指導者のレベルアップとともに頭頸部の外傷に対する認識を深め、安全に関する情報発信や事故の再発防止策を進めていくべきだろう。
(文=編集部)