『花郎』パク・ヒョンシク(ZE:A)、放送を前にコメント

写真拡大

【19日=KEJNEWS】歌手兼俳優パク・ヒョンシクが月火ドラマ『花郎』の初回放送を控えて感想を伝えた。

19日午前、所属事務所のスター帝国側は、ZE:Aの公式SNSチャンネルを通してパク・ヒョンシクが台本を手にしている写真と共に第1話へ向けたコメントを伝えた。

彼は、「ついに『花郎』がスタートすることなり、すごくドキドキ、ワクワクしています。素敵な出演者たちとスタッフの方々が最善を尽くして臨んだ作品で、熱い若者たちが皆さんの心を温かくしてくれるでしょう。たくさんの応援、リアルタイムでのご視聴、よろしくお願いいたします」とコメント。

本作は、ドラマ史上初の新羅時代に存在した青年グループ・花郎を扱った作品。パク・ヒョンシクが演じるサム・メクジョンは、顔のない王と呼ばれている。幼い頃に王となったが、母親の陰に隠れて過ごしてきたために顔があまり知られていない。そんな王の悲しい運命のストーリーも描かれる。

なおドラマ『花郎』は10日の夜10時よりスタート。(写真=スター帝国)