手料理記念?ふたりの愛をより盛り上げる記念日イベント

写真拡大

誕生日、1ヶ月記念日…などのイベントって愛を盛り上げ続けていくには必要なことですよね。ですから、オリジナルの記念日を増やしていけば、長くお互いを愛していけるかもしれません。あなたもこんな記念日をつくってみてはいかが?

■1.手をつないだ記念日

付き合って間もないころは、手をつなぐことさえドキマギしてしまうもの。マンネリ化してきたころにそんな初心を思い出すためにも、手をつないだ記念日を制定しましょう。普段のデートから手を繋いでいるカップルでも、その日のデートではあえて手をつながずにデートをするなんてプランはいかが?お互いに触れあいたいのに触れ合えない…そんなドキドキ感を演出すれば、盛り上がること間違いなしですよ!

■2.チューした記念日

恋人だからこそ許されている「キス」。はじめて男女の関係として一線を越えた日を、記念日にしてはいかが?鼻と鼻がぶつかってしまった…なんてちょっと苦い記憶とともに思い起こせば、なんとも言えず幸せな気分に浸ることができますよ。いまでは小慣れてしまったキスも、そう考えるとふたりが付き合ってきた日々を物語っているようですね。

■3.旅行記念日

初旅行となると、たいていはお泊まりも初めてになるもの。恋人たちにとってはドキドキのイベントですよね。そんな初旅行も記念日としてお祝いしてみましょう。また新しい場所へ旅行するのもよし、当時行った場所を訪れてみるのも良し。定期的に旅行の予定が立てられれば、気分転換にもなりますよ。記念日をお祝いするたびに新しい体験ができるので、思い出を振り返るにはうってつけな楽しい記念日になるでしょう。

■4.手料理記念日

クリスマスのチキンに、おせちに、恵方巻に…。特定の時期と食べ物が合わさると、イベント感がグッと出るものですよね。味って記憶に強烈に残るものですし、記念日を新しくつくるなら、「手料理記念日」がオススメです。彼に初めて手料理をふるまってあげた日を毎年お祝いすることにしましょう。もちろん毎年のメニューは同じものを用意するのです。だんだんと上達していく料理の腕前に付き合った年月を重ねて懐かしむことができますよ。

■ふたりで決めたなら何でも記念日!

はたから見れば笑ってしまうような記念日でも、本人たちが幸せであればそれでよいのです。愛情を確かめてしっかりと盛り上がれるようなオリジナル記念日を、考えてみてはいかが?(syksn/ライター)

(ハウコレ編集部)