「リッツ」から「ルヴァン」へ(画像はYouTube動画の一場面)

写真拡大

女優の沢口靖子が「リッツパーティー」ならぬ「ルヴァンパーティー」に登場した。ネット上では驚きの声とともに受け止められている。

製造中止となった「リッツ」に代わり...

2016年9月、ロングラン商品の「リッツ」を製造するヤマザキナビスコはヤマザキビスケットに社名を変更すると同時に、「リッツ」の製造・販売を終了した。沢口が1988年以来、28年間出演していた「リッツ」のテレビCMは、愛好家に惜しまれつつ姿を消した。

「リッツ」に代わり発売されたのは、クラッカーの新商品「ルヴァン」。ヤマザキビスケットは9月1日に放映され始めた「ルヴァン」CMのキャラクターに、引き続き沢口を起用している。12月15日に公開されたCM動画では、沢口が初めて「ルヴァンパーティー」に参加した。

青いドレスを身にまとった沢口が視聴者を

「ようこそ、ルヴァンパーティーへ」

とパーティー会場へ誘うところから、CMは始まる。女優の木村佳乃や吉本美憂、バイオリニストの宮本笑里が演じるパーティーの出席者に、沢口は

「カナッペをどうぞ」
「ディップはいかが」

と語りかける。最後は、「パーティーの楽しさが広がります。ヤマザキビスケットの『ルヴァン』」と宣伝し、CMは幕切れとなった。

このCM動画の公開後、ツイッターには

「沢口靖子、パーティーしてる!いつから!このCM初めて見た!前は1人でルヴァン食べてたじゃん!」
「リッツパーティー亡き後 沢口靖子がルヴァンでパーティーしてるCMを今見て何だか安心しました」

という声が上がっている。