10人と会ってうまくいかなかったら、会う場所を変えよう

写真拡大 (全2枚)

こんにちは、トイアンナです。ある女性から「出会いを作っているのにうまくいかないんです」とオンライン相談所「恋愛障害の保健室」へのお話がありました。詳しくお伺いすると、なんと合コン100回以上へ参戦した努力家さん。彼女の婚活経験を書き記すだけで本すら出せそうです。

ところが彼女の好みを聞いていると、どうやら『逃げ恥』で流行りの絶食男子。合コンではなかなか出会えないタイプです。

出会いを重ねてもうまくいかない時は立ち止まろう

多くの女性にお話を伺ってわかったのですが、婚活は焦りから生まれるアクションです。長年友達だった子が結婚する。後輩が婚約した。何となく「いつか結婚しなきゃね」と思っていたのが、周りの転機に「何かしなきゃ」と焦り始めます。

焦って行動するので、とりあえず身近な対策に走りやすくなります。とりあえず婚活パーティーへ参加してみよう。合コンへ誘われたから行こう。婚活アプリでプロフィールだけでも登録しよう、etc。

瞬発力がある女性は婚活を短期決戦で終わらせることもできるので、本当にすごいことです。その一方で、手近な婚活サービスに自分好みの男性が少ない場合は、いくら好条件を持ち込んでも男が釣れません。

何人もの男性に出会って「なんか違う」が続くなら……出会いの場がふさわしくないのかもしれません。自分はモテないんじゃないかと絶望する前に、狩り場を間違えていないか振り返ってみましょう。

出会えても「シーンが不適切」なこともある

たとえばあなたがビシっとスーツを決めた華やかな業界の男性と付き合いたいとしましょう。出会いを求めてどこへ行きますか? 婚活スタート前なら、私は「麻布十番のバー」と答えたかなと思います。もちろんそこに彼らはいるのですが、デートスポット。いくら狙った男性がいたところで彼女連れ。私たちはお呼びじゃございません。

それより、地価が高いマンションがあるエリアを探しましょう。都内なら目黒、元麻布のような。そしてカップルがいそうなロマンティックなバーを素通りし、駅前のリーズナブルな1人飲み屋を巡りましょう。男性が1人でいそうな場所のほうが、よほど出会いも増えます。

逆に家へはまっすぐ帰る真面目な男性を求めているなら、飲み屋に1人で飛び込んでいる場合じゃありません。伝統的なご家庭なら、結婚相談所へ親子連れで訪れている方が出会いの場としてはリアルです。最初から「当たり」の場所に出会えるとは限りませんが、1種類の婚活を試してしばらく出会いが見つからないなら「ここは違う」とさっさと見切りをつけるのも正しい戦略です。

そこで大切になるのが、見切りを付けるタイミング。出会いが完全になさそうなら1回で去っても問題ありませんが「もしかしたら」も考えるなら最大10回までチャレンジしてみましょう。10人もの新しい男性に出会って一人も恋愛対象に思えないなら、その婚活はきっとあなたに合っていません。

恋愛感情を抱けないなら「やれる」「やれない」チェック!

そして「普段からなかなか恋愛感情を持てないんですが」とお悩みの女性は、まず性欲を抱く訓練からしてみましょう。乱暴ですがこれからは新規で出会った男性を5秒で「やれる」「やれない」に分けるのです。そして「やれる」と思った男性はとりあえず対象外にせず、ちょっと話してみる。これだけで恋愛のチャンスが広がります。

というのも、恋愛のスイッチは人類もしょせんは動物、性欲と近いところにあるからです。ふだんから男性を「やれるかどうか」で見つめるだけで、普段はスキがないと言われる女性でもふっと色気が漏れるもの。さらに自分の中でも「この人はアリだな」と恋愛の可能性を持たせることができます。

少しでも恋愛対象を増やしつつ、10人出会ってダメなら場所を移動。システマティックに見えるかもしれませんが、アラサーの1年は貴重です。恋心をムダにせず、最高の男を狩りに行きましょう!

【PR】新しい出会いを呼び寄せる唇になろう♪



婚活戦略バックナンバー

●第31回目 占いは婚活に効く!結婚へ導く賢いスピリチュアルの使い方
●第30回目 不倫を止められないあなたが、今すぐ彼から卒業できる一言
●第29回目 もしかして私!?「本当に結婚できない女」の共通点
●第28回目 理想のタイプが判らなければ「嫌いなタイプ」を挙げてみよ
●第27回目 アラサー超えたら結婚できない?年齢で絶望しなくて大丈夫な理由

トイアンナプロフィール


外資系企業で消費者インタビューを数年経験後、ライターとして独立。
500人を超えるヒアリングの結果からバリキャリ女子の楽しさも悲しさもぎゅっと詰め込んで文章にしています。現在はアラサーの恋愛とキャリアを中心に多くの媒体で連載中。

●ブログ | トイアンナのぐだぐだ

Written by トイアンナ