Instagramで乗っ取りが大流行!どのように対処すればよい?対処方法を詳細に紹介
「成りすまし」という言葉を、ニュースやWebページなどで目にしたことがあると思う。
「成りすまし」とは、自分が使っているネットサービスなどで、自分のアカウントを他人に乗っ取られて悪用されてしまうことだ。

そんな危ないことは「自分には関係ない」と思っている人も多い。
しかし、「成りすまし」の被害は、いつ、誰に起きても不思議でないのだ。
実際に、アカウントを乗っ取られてしまったという人も、自分だけは大丈夫と思っていた人たちも多いそうだ。

実は、最近、人気のサービスInstagramでも乗っ取りが流行っているという。

もし、自分のアカウントが乗っ取られたら、どう対処すればよいのだろうか?

万が一の場合に、慌てないように、Instagramが乗っ取られたときの対処法と、セキュリティ対策についてまとめてみた。

■どうしてアカウントは乗っ取られるのか
Instagramの場合、ユーザーネームとパスワードがわかれば、誰でもその人に成りすますことができる。

ユーザーネームは、Instagramのホーム画面に表示される。
このため、Instagramを使っているときは、盗み見ようと思えば、誰でもユーザーネームを知ることができてしまう。
つまり、乱暴に言えば。相手のInstagramのパスワードさえわかれば、アカウントを乗っ取れる可能性は、誰にでもあるというわけだ。
 
もしパスワードに、氏名、生年月日、電話番号など、覚えやすいパスワードや、推測しやすいパスワードを使っていたら、変更したほうがよいだろう。
さらに、ほかのネットサービスと同じユーザーネームとパスワードの組みあわせを使っている人も、ほかのサービスでパスワードが漏れてしまった場合、Instagramのアカウントも乗っ取られる危険性が高まるので、変更しておいたほうが賢明だ。

■乗っ取られる前のセキュリティ対策
もっとも手っとり早い「成りすまし」防止の方法は、「パスワードを強化する」ことだ。

Instagramでは、パスワードに関して下記のルールがある。
・過去に設定したパスワードは使用できない
・同じ文字、数字のみでも、6文字以上ならかまわない

パスワードを強化するポイントをまとめると、下記のとおり。
・ほかのサービスで使っているパスワードは使わない
・氏名、生年月日、電話番号などから想像できるパスワードは使わない
・文字数を多くする
・数字と記号、大文字、小文字を混在させる
・辞書にある言葉は使わない
・定期的にパスワードを変更する

パスワードを変更しよう
・画面下の右にある人物アイコンをタップしたら、左上の「歯車」を押して、「パスワードを変更」をタップする
・現在のパスワードを入力した後、新しいパスワードを入力して、「完了」をタップする




パスワードの変更だけでは心もとない人は、定期的にユーザーネームやメールアドレスも変更するとよいだろう。
ただし、ユーザーネームを変更した場合は、フォロワーが混乱しないように、告知やアナウンスをすることも忘れずにしておこう。

ユーザーネームを変更
・画面下の右にある人物アイコンをタップしたら、「プロフィールを編集」を選択する
・上から二番目の人物アイコンの欄をタップする
・新しいIDを入力したら、「完了」をタップする



メールアドレスを変更
・画面下の右にある人物アイコンをタップしたら、「プロフィールを編集」を選択する
・非公開情報の中にある「メール」をタップする
・新しいメールアドレスを入力したら、「完了」をタップする



■実際に乗っ取られたときに対処法は、どうすればいいの?
実際に、アカウントが乗っ取られた場合、
まずは、慌てないこと。
そして、Instagramに連絡をとろう。

連絡の仕方は、
PCブラウザで、Instagramページ(https://www.instagram.com/)から、「サポート」>「Instagramヘルプセンター」>「プライバシー&安全センター」>「報告する」>「アカウントの不正アクセス」にアクセスして、「私のアカウントが不正にアクセスされたようです。」をタップする。



ログインできる
「アカウントの安全を確保する」をタップして、画面の指示に従おう。

ログインできない
「Instagramに報告」をタップして、画面の指示に従おう。



乗っ取られたときは、速やかにInstagramに連絡をとる。乗っ取られる前なら、成りすまし対策を行うことで、成りすましを未然に防止できるわけだ。
日頃からセキュリティに気を付けて、Instagramの世界を満喫しよう。


関口哲司
記事提供:クチコミ.jp(http://kuchikomi-web.jp/blog)