17日、韓国政府はよりハイエンドの旅行プランを提供することで、中国人富裕層を呼び込みたい考えだ。写真は韓国・光化門。

写真拡大

2016年12月17日、環球時報によると、韓国は中国人観光客誘致に韓流ビザを創設し、ダンピング旅行現象撲滅の契機にしたい考えだ。

韓国文化体育観光部は16日、17年1月1日より新たに「韓流ビザ」を創設すると発表した。300万ウォン(約30万円)以上、3泊4日以上の旅行ツアーに申し込んだ中国人観光客が対象で、発行から5年間、何度でも韓国に入国することができる。1回当たりの滞在日数は最長30日。

中国人観光客のツアー旅行は低価格が主流だ。ツアー代金だけでは赤字だが、現地免税店からのキックバックで収入を得るダンピング旅行が広まっているためだが、韓国政府はよりハイエンドの旅行プランを提供することで、中国人富裕層を呼び込みたい考えだ。(翻訳・編集/増田聡太郎)