「ヒョウの獲物、落下注意」標識にツッコミ

写真拡大

先日、ソーシャルサイト・redditにアップロードされ、話題を呼んだ一枚の写真。ある標識の隣に、困っているような、そしてそれ以上に怖がっているような表情の女性が写っています。

女性がなぜ困惑しているのか、それは標識の下に書かれた文章が原因です。そこには「落下してくる鹿に注意:ヒョウは捕らえた獲物を木の上に隠す習性があります」と書かれています。

しかし、この写真のタイトルは「But none about the leopards…?」。ヒョウが出没する危険への標識はないのか、そのほうが危険度が高いのではないのか? とツッコミを入れたくなる内容なのでした。それは確かに、女性のような顔になってしまいます。

実はこの標識、ペンシルバニア州はピッツバーグにある動物園にあるもので、野生のヒョウの生息地に実在するものではありませんでした。ヒョウが飼育されている柵の隣にあるそうで、近くの木の上には、ちゃんとご丁寧にシカの骨が置いてあるのだとか。要するに、ヒョウの生態を説明しているサインだったのです。そうだと分かれば安心ですね。

それにしても、ストレートに説明せず、ジョークを交えてヒョウの生態を紹介しているところは、やはりアメリカっぽいのかもしれません。