19日、中国の広東省湛江市で、中国が2級保護動物に指定している「オサガメ」が引き上げられるも解体され販売された騒動は物議を醸したが、このほどさらに大きなオサガメが引き上げられ、今度は食べられずにすんだと話題になっている。

写真拡大

2016年12月19日、中国の広東省湛江市で、中国が2級保護動物に指定している「オサガメ」が引き上げられるも解体され販売された騒動は物議を醸したが、このほどさらに大きなオサガメが引き上げられ、今度は食べられずにすんだと話題になっている。中国の各メディアが伝えた。

今月6日、中国広東省湛江市で、200キロを超える巨大なカメが引き上げられたが、すぐに解体され2万元(約32万円)ほどで販売された。中国メディアによると、オサガメは中国の国家2級保護動物に指定されており、販売や購入が禁止されている。当局は当事者の6人が中国の野生動物保護条例に違反したとして立件し、現在司法部門が処理を進めている。

オサガメは10〜20年以内に絶滅するとの調査も見られており、専門家からは解体したことに不満を露わにする声も聞かれたが、今月13日再び湛江市の漁民が250キロに達する巨大なオサガメを引き上げた。すぐに5000(約8万5000円)で買いたいと申し出る人が現れたが、漁民は販売を拒み、オサガメの甲羅に自身の名前と海に帰したことを文字で記しオサガメを海に放した。漁民は後に「ウミガメは国の保護動物であり、命を奪ってはいけない。さらに、ウミガメは我々漁民の安全を象徴する存在でもある」と語っている。(翻訳・編集/内山)