藤平信一・心身統一合氣道会会長

写真拡大

■心を落ち着かせる方法をアドバイスする

【三宅義和・イーオン社長】世界24カ国で心身統一合氣道会の普及、指導をされています。またロサンゼルス・ドジャースの選手たちの指導もされましたが、現在、世界中にお弟子さんは何人いるのでしょうか。

【藤平信一・心身統一合氣道会会長】およそ3万人です。ロサンゼルス・ドジャースやサンディエゴ・パドレスを含めて、心身統一合氣道の土台である「氣」を学ぶ人々を含めると5万人を超えます。

【三宅】そうした人たちは合氣道のどこに惹かれるのでしょう。武道としてなのか、あるいは何か東洋の神秘的な思想に関心があるのでしょうか。

【藤平】藤平光一は戦後まもない1953年にアメリカに渡り合氣道を普及しました。その当時からアメリカでは「生活の中の合氣道」として、自らが持つ能力を最大限に発揮し、より健康で充実した人生を歩むことができる教えとしてとらえられています。最近では日本でも話題になっている「マインドフルネス」の具体的な実践法を求めて来られる方が増えています。

【三宅】そう考えると、すんなりと受け入れられます。確かに、メジャーリーガーが、合気道の道衣をつけて、畳の上で稽古をする姿は想像しにくい(笑)。

【藤平】ロサンゼルス・ドジャースの下部組織であるマイナーリーグには200人ほどの選手がいます。それぞれに才能のある選手なのですね。ところが、その中で見事メジャーリーグに上がれる選手は、わずかに数%。残る9割以上の若者たちは夢破れて去っていくわけです。そこで、どういう選手が勝ち抜いていけるかというと、ここ一番という場面で結果が出せるかどうかに尽きます。そこが彼らにとっては最も重要なのです。

【三宅】どんなスポーツでも精神面は大切ですからね。ドジャースのような名門チームの選手でも、心身統一できているかどうかで、一流プレイヤーになれるかどうかが決まるのでしょうね。

【藤平】なかには最初から精神的にしっかりしている選手もいます。しかし、長いシーズンにおいて常に安定した状態を保てるかというと、そんなことはなくて、ボタンの掛け違いのように調子を崩してしまうことが少なくありません。私の役割は、選手が持っている能力をいかに発揮させるかということになります。もちろん私自身、野球は未経験ですから、大事な場面で持っている力をいかに発揮するかを指導しました。

心身統一合氣道では「臍下(せいか)の一点」と言っていますが、下腹の力が入らないところ、そこに心を静めることをしてもらいます。すると、自然に心が静まり、姿勢も安定する。これは、アスリートにとって不可欠な盤石な姿勢で、瞬時に動ける体勢です。この感覚を会得したら、今度はそれを維持することを訓練します。これを続けていくと、どれだけ激しく動いても、姿勢が乱れるということはなくなります。

さらに進んだ段階では、それが無意識でできるようになります。意識してやっているようでは本物とはいえません。頭でわかっていても、身についていなければ、厳しい現場では通用しません。それができるように繰り返し訓練します。

■英語を学ぶことが目的になってはいけない

【三宅】私はいつも「力を抜いて」と注意されますが、もともとセンスのある選手たちが素直に学べば、当然のことながら伸びるということでしょうか。それはおそらく、日本人選手であっても一流と呼ばれる人たちは同じだと思います。

ところで、私は自身、英語を学びつつ、合氣道にも取り組む中で、語学の学び方と合氣道の稽古は似ているというか、共通項があると感じています。毎日の努力もさることながら、良い先生、師匠について、正しいやり方を指導してもらう必要があります。

言うまでもありませんが、やはり師という存在は非常に大きい。藤平先生の場合は、図らずしてお父様が師だったわけですけども、普通われわれが世の中生きていく上において、良い先生を持つということが大事だということ再認識しました。

【藤平】師の教えを受けながら物事を突き詰めていくのであれば、自ずと「道」になります。合氣道に対して英語道と言ってもいいかもしれません。そして、「道」の下に「法」があるのです。いわゆるメソッドです。心身統一合氣道にも「氣の呼吸法」「氣の意志法」「氣の体操法」といった具体的なメソッドがあります。

【三宅】面白いですね。

【藤平】ですから「法」や「メソッド」にとらわれてしまっては本末転倒。本来の目的からはずれてしまいます。ですから、英語の学習を「英語道」と考えれば、会話はどこまでもメソッドであり、コミュニケーションを通じて相手を理解することが本来の目的のはずです。人間として成長していくことに関しては、本来、すべてに「道」がついてよいと思います。

【三宅】いまやスポーツだけでなく音楽など芸術の分野でも日本人が世界で活躍しています。けれども、スキルはあるのだけれども、英語力がないために活躍できないという話も聞くことが多いのです。そうした状況を打開するためにも、日本人アスリートたちは英語をマスターし、本来のパフォーマンスを発揮していけば、より多くの人が成功できることは間違いないですね。

最近、私どもの教室にいろんなスポーツ選手やミュージシャンが英語を学びに来られます。理由を尋ねると、海外に行く機会がこれまで以上に広がっているからなのですね。そんな彼らが実感しているのは、試合や演奏のときだけじゃなくて、日常でのやりとりや交渉も英語でできないと、それだけでプレッシャー、ストレスになってしまうということでした。

【藤平】繰り返しとなりますが、そもそも英語を何のために学ぶかではないでしょうか。私は「相手を理解する」ことが第一だと考えます。その上で初めて、自分が何を伝えるかということになります。それが目的であって、英語を流暢に話すのが目的ではないですよね。だとしたら、多少たどたどしくても、きちんと相手に心を向けるという姿勢から始めてしかるべきでしょう。英語を学ぶことそのものが目的になってしまってはいけないと思います。

■相手との違いに気づき、受容すること

【三宅】英語はあくまでも手段でしかなくて、英語を学んで英語を使って何をやるかという。これから英語の学びもおそらく英語を学ぶということから、できるだけ英語で学ぶという方向に変わっていくべきだと思います。英語で学ぶことは楽しいし、より英語力も伸びると言われています。

先日参加させていただいた心身統一合氣道会の合宿で素晴らしい体験をしました。私と同室の、ビジネスマン、広告代理店にお勤めの方、学生さん、全員英語が堪能でした。隣室にいた弁護士やチェコの方も加わって、お酒を飲みながら懇談したのですが、とても有意義なひとときでした。

【藤平】素晴らしい(笑)。

【三宅】最近は教育界、産業界でもグローバル人材育成ということがキーワードになっています。やや、言葉だけが一人歩きしている感もあるのですけれども、藤平先生のように世界と渡り合える指導者が増えるのはとても大切なことだと思います。そこで、先生が考えられるグローバル人材というのは、どのような人物像でしょうか。

【藤平】外国に出た際に心がけなければいけないのは、相手との違いに氣づき、それを受容することではないでしょうか。日本の中だけにいると、だいたい同じ価値観で生活していますが、海外に出ると、実に多種多様な考え方、捉え方、あるいは習慣があるわけです。それを認めることが一番大事なことだと考えています。

そうすると、初めて自分自身の持っているものの価値も理解できますし、逆にそこを放棄してしまうと、非常に偏った、ある一面でしかものをとらえられない人間ができてしまう。グローバルな人材というのは、そうではなく、広い視野で行動できる人材だというふうに考えています。

ある国に行って成功しようと思えば、その国の文化や歴史を勉強するのは当たり前のことでしょう。例えば、アメリカンフットボールでも「日本人は英語だけ学んでも戦術を理解することはできない」とある監督から聞いたことがあります。アメリカで生まれた競技ですから、文化やそれに基づいた考え方・捉え方まで理解する必要があるということですね。

【三宅】確かにベースボールも日本流に発達したことによって、メジャーの指導層も一目置く「サムライ野球」になりました。そして、いまや大リーグで活躍する日本人選手は両手で数えきれません。そのようなグローバル人材への飛躍を、私どもの役割としては、語学を通して支援していきたいと思っています。

【藤平】人間というのは、本当にすごい力を潜在的に持っています。大事なことは、それを存分に発揮できるかどうか。人生を生きていく中で、ぜひそういう訓練をしっかりしていってほしいと思います。もし「自分には、そんな力はない」なんて自信を失っているとしたら、力の発揮の仕方がうまくないのかもしれません。

そういったときにこそ、心身統一合氣道で教える「氣」というものが手助けになると信じています。私自身も以前は英語が話せないと思っていました。ところが正しい訓練方法を教えていただき、外国で生徒さんと接することによって使えるようになったのですから。

【三宅】本日はありがとうございます。

(三宅義和・イーオン社長 岡村繁雄=構成 澁谷高晴=撮影)