職場におけるジェンダー平等への道、解決に走る前に「問題の認識」を

写真拡大

2年前、国連のジェンダーの平等に対する取り組み「HeforShe(ヒーフォーシー)」キャンペーンが立ち上がり、女優のエマ・ワトソンが演説を行った際、100万人以上の男性がこの運動に賛同した。

参加を表明した男性たちは確かに見識があるが、職場にいる男性たちと何が違うのだろうか。多くの男性は、職場にジェンダーの不公平があることを認識しているのだろうか-。

女性の労働環境の改善を目指すサイト、フェアリーゴッドボスは先日、コンサルティング会社アルテミス・コネクションと共同で、職場における男性のジェンダー意識に関する調査を実施した。

およそ300人の男性労働者を対象に綿密な調査やインタビューを行い、ジェンダーの平等や多様性についての見解を調査。その結果、(これまでほかのデータでも示されていたとおり)多くの男性は一般に「職場でジェンダーが問題になっているとは考えていない」ということがわかった。

職場にジェンダーバイアスがあると考えていたのは、回答者の33%で、自分の働く職場で女性が不公平な扱いを受けていると考えている男性はさらに少なく、わずか10%だった。

調査に回答した男性たちが、平均的な企業よりも平等主義な雇用主の下で働いていた可能性もある。だが現実と彼らの受け止め方に食い違いがある理由は、認知的不協和(自分の中に矛盾する認知を抱えた時に覚える不快感)や、自分にそれほど近いところに問題がある可能性を認めたくない気持ちかもしれない。

回答者の80%以上は、職場で女性が直面している問題を解決することはそれなりに重要だと回答した。だがここで疑問が生じる。具体的に問題が何かということについての合意がないのに、それを解決することなど本当にできるのだろうか。

自分の職場にジェンダーバイアスがあると考えている男性がこれほどに少ないとなると、幹部クラスの女性が少ない理由も、女性の方にも問題があるか女性が自らそれを選択していると思われているのかもしれない。

しかし、ここで重要になるのは、多くの女性の職場体験が男性のそれとは(悪い意味で)異なるということだ。データの数字がそれを裏付けている。

調査会社フォーサイト・ファクトリーが9月に発表したデータによれば、77%の女性は職場にジェンダーによる不平等があると感じている(これに対して男性は56%)。この調査は、メディアマーケティング及び広告業界の企業幹部およそ300人を対象にアンケートを実施した結果だ。

同様に、9月にコンサルティング会社マッキンゼーと女性の社会進出を支持する運動「リーンイン」が発表した大規模な調査でも、女性は男性よりも、職場における全般的な公平さに疑問を抱いていることが分かった。

調査に回答した女性の3分の1が、ジェンダーが昇進や昇給、出世をより難しくする要因だと考えており(男性は12%)、また、最もいいチャンスがそれにふさわしい従業員に与えられていると考える女性は44%と半数に満たなかった(男性は54%)。

男女間で、この問題についてより大きな総意が得られるまでに、あとどれだけのデータが必要なのかと考えると歯がゆい思いだ。マッキンゼーとリーンインの調査は、「アメリカ企業の上層部がジェンダーの平等を達成するまでには、あと100年以上かかるだろう」との結論を示している。

ジェンダーの平等を改善するために自分のできることを実行していくと誓った男性や女性たちがやるべき、最もシンプルで重要なことはおそらく、職場の多くの女性が男性とは異なる経験をしており、それにはジェンダーバイアスが関係していることを認識することだ。

つまり、問題があることを認めるのが最初の一歩だということ。ジェンダーの平等達成という誓いを実行するのは、その後だ。