写真提供:マイナビニュース

写真拡大

トランスコスモスは12月19日、新たな海外拠点としてインドネシアのジャカルタにオペレーション拠点「ジャカルタ第3センター」を設立したと発表した。

2013年6月よりトランスコスモスは、インドネシアのIT企業であるPT Cyberindo Aditamaとともに、トランスコスモス・インドネシアを設立し、インドネシア市場向けにサービス提供を開始している。

トランスコスモス・インドネシアはジャカルタ第3センター設立に伴い、社員数800人を超え、ジャカルタで1000席を有する規模に成長した。現在は、50社を超える顧客企業に対して、コンタクトセンター、デジタルマーケティング、ECワンストップサービスなどの幅広いサービスを提供している。

新設されたジャカルタ第3センターは、ジャカルタで3拠点目、トランスコスモスの海外拠点としては115カ所目となる。トランスコスモスは今後も成長が予測されるインドネシア市場において、インドネシアに進出する日系企業をサポートするとともに現地企業からの業務受託にも注力し、顧客企業の売上拡大・コスト削減を支援するとしている。

■「ジャカルタ第3センター」 概要

・名称:トランスコスモス ジャカルタ第3センター
・所在地:Menara Bank Danamon,Jl. Prof. Dr. Satrio Kav E IV No. 6
・敷地面積:1,848平方メートル席数:300席
・対応言語:インドネシア語、英語
・提供サービス:コンタクトセンターサービス、デジタルマーケティングサービス、ECワンストップサービス

(山本明日美)