SEVENTEEN、公開ファンサイン会に3千人の人だかり…13人それぞれの魅力を披露

写真拡大

ボーイズグループSEVENTEENがニューアルバム発売記念公開ファンサイン会を開催した。

SEVENTEENは、先日18日ソウルCOEXライブプラザで行ったファンサイン会を通じてファンとの特別な時間を過ごし、多くの話題を呼んだ。

今回のアルバム発売後、初の公開ファンサイン会を行ったSEVENTEENは、ファンサイン会の時間中ずっと微笑みながらファンに向けた愛らしい行動で、彼らを訪ねてきたファンを感動させた。13人それぞれの魅力が際立つファンに向けたアイコンタクトからスキンシップまで、サイン会の間SEVENTEENとファンが一層近づける時間で、約2時間半の間一瞬も見逃せない姿を見せた。

この日のファンサイン会は100人の抽選限定で進行された行事だったが、公開開催され、COEXライブプラザの周囲に約3千人余りのファンが訪れた。当選した100人のファンの他にも3千人を越えるファンでぎっしり埋まったサイン会の場所には、SEVENTEENファンの叫び声でぎっしり埋まり、まるでコンサート会場を彷彿させ、SEVENTEENの人気を再度実感させた。

SEVENTEENとファンが交流した今回のファンサイン会では、単純にサインをするだけでなくSEVENTEENとファンとの疎通が成り立つ意味深いイベントになり、それだけでなくSEVENTEENもまたファンへの愛情あふれるアイドルとして足場を固めた。

13人のメンバーのエネルギーを盛りだくさんに収めたタイトル曲「BOOM BOOM」で活発に放送活動中のSEVENTEENは、2016年音楽界の世代交代の代表走者として注目されている。