Block B パクキョン、ソロ曲「OgeulOgeul」発売“ファンのためのプレゼント”

写真拡大

Block Bのパクキョンが19日午前0時、デジタルシングル「OgeulOgeul」を発売した。これは今年5月に発売した「自責の念」以来約7ヶ月ぶりの新曲だ。

この前パクキョンはソロ曲「普通の恋愛」「自責の念」などで音楽ランキングで1位を獲得し、隠れた“音源強者”であることを証明した。Block Bの強烈な音楽ではなく、大衆性を積極的にアピールし、注目を浴びた。

「OgeulOgeul」はこれまで発売したソロ曲と同様に爽快なポップナンバーで、2013年に発売したミックステープ「OgeulOgeul」を再アレンジし発表する楽曲だ。ジャズアーティストKero Oneと一緒に制作し、より一層完成度を高めた。

鳥肌が立つほど恋に落ちた人の率直な心境を描いた歌詞は、寒い冬、甘いトキメキを届けてくれると予想される。

ポップジャズジャンルというところも印象的だ。Block Bの活動とソロ活動を通じて様々なジャンルをこなし、視野の拡大を狙ってきたパクキョンが自身だけの音楽能力を発揮した作品であるだけに、もう一つの道しるべになると見られる。

所属事務所であるSeven Seasonsは「今年の冬を控え、ファンのためのプレゼントとして準備した。パクキョンは爽やかで純粋に曲を解釈した」と言い、愛情と関心を呼びかけた。