16日、韓国・ニューシスによると、米国の4大通信キャリアがサムスン電子の「Galaxy Note7」バッテリー充電の強制遮断措置に合意した。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

写真拡大

2016年12月16日、韓国・ニューシスによると、米国の4大通信キャリア(Verizon、AT&T、Sprint、T−Mobile)がサムスン電子の「Galaxy Note7」バッテリー充電の強制遮断措置に合意した。

米国のIT専門メディア「The Verge」よると、米国最大の通信キャリアVerizonが「Galaxy Note7」のソフトウエアを更新し、バッテリー充電を制限することを明らかにした。これに伴い、Verizonは2017年1月5日(現地時間)からバッテリー充填率を0%にする制限措置に合流することになり、米国4大キャリアが「Galaxy Note7」のバッテリー充電を制限することになった。ソフトウエアのアップデートが行われれば、「Galaxy Note7」のバッテリー充填率は0%に制限され、使用することができなくなる。

この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「こうでもしないといけなかったんだろうね」
「こんなことせずに、直接引き取りに来てくれよ」

「まだ使っている人がいることに驚いた」
「こんなことが法的に可能なのか?」

「俺は記念として持ち続ける」
「使い続けたければ、単にアップデートしなければよいだけじゃないの?」

「『お客様が最優先です』と言っていたのに、結局サムスンの都合に合わせた措置を取っているではないか」
「韓国では、何もしないのか?」(翻訳・編集/三田)