写真提供:マイナビニュース

写真拡大

弥生は19日、個人事業主向けのクラウド会計ソフト「やよいの白色申告 オンライン」を、12月26日より永年無償化することを発表した。これまで4,860円(税込/年額)で提供していた「セルフプラン」に関して、今後は「フリープラン」と改称し、無料で提供する。

今回、同社が「やよいの白色申告 オンライン」の利用を無償化したのは、確定申告を行う人の業務効率化と、節税メリットの大きい青色申告への入り口の提供を目的としている。

その背景には、平成26年1月から施行された記帳・帳簿等の保存制度の対象者の拡大がある。制度の変更によって白色申告と青色申告の業務量の差異がほぼなくなったにも関わらず、65万円控除など節税メリットが大きい青色申告への移行があまり進んでいないという(出典:国税庁「統計年報」の「申告所得税」より算出)。

また、白色申告の業務量は実質的に増加している一方で、確定申告ソフトの利用実態調査(MM総研調べ/2016年3月)においては、個人事業主の(ソフトの)利用は約3割程度となっており、ITによる業務効率化も進んでいない状況があると同社は指摘する。

同社は、「やよいの白色申告 オンライン」のアンケート調査でユーザーが業務効率化を実感していると判断したことに加え、「やよいの白色申告 オンライン」から「やよいの青色申告 オンライン」への移行障壁が低いことから青色申告への切り替えも増加している状況を受けて、今回の無償化に踏み切った。

なお、「やよいの白色申告 オンライン」の新料金体系は、同ソフトの全機能を利用可能なフリープラン(旧セルフプラン)が永年無償、全機能に加えてメール・チャットサポート/業務相談サービスが利用できる「ベーシックプラン」が8,640円(税込・年額)。「やよいの青色申告 オンライン」に関しては、セルフプランが8,640円(税込・年額・12月19日現在、初年無料キャンペーン期間中のため初年は無料)、ベーシックプランが1万2,960円(税込・年額・12月19日現在、初年割引キャンペーンのため6,480円)。

(杉浦志保)