キスだけで終わらせない!女性の“ある部分”が男を興奮させる鍵

写真拡大 (全3枚)

●「デート中に二人きりでエレベーターに乗った時、『いよいよキスしてくれるかも!』と期待していたのに、ちょっと顔を見ただけで何もしてくれない彼…ガッカリ!」

●「キスをされても「ちゅっ」だけで、『え、それで終わり?』中学生カップルじゃないんだから!」

●「付き合ってから長いからか、最近はキスも求められず、エッチの回数も少なくなってきている!」

女性側は「いつでも準備OK!」なのに、肝心の男性がなかなか行動に移してくれずヤキモキ。また、彼とエッチ中のキスが減ったり、そもそもエッチに彼から誘うのも少なくなったり、…なんていう経験はありませんか?

その原因は…もしかしたらあなたの「ある部分」にあるのかも!?

クチビルの形で…アソコのサイズが分かる!?

「性格は顔に出る」と言いますが、出るのは性格だけではないようで、女性は唇の特徴から性器の状態が分かるそうです。

ええっ!ウソ!と思うかもしれませんが、イギリスの著名な動物学者であるデズモンド・モリス博士は、「唇は女性器のコピーである」という説を唱えています。

例えば、上と下の唇が均等の太さになっている場合は膣がきつい傾向にあり、口の端が上がっている人は膣が良く締まるそうです。また、色味や濡れ感は愛液の量や性器の感じ易さと比例しており、唇の良い香りは性器の甘い香りを連想させます。

そのため、男性は女性の「クチビル」を見て、本能で女性の性的な魅力、抱いた時のことを感知しているのです。つまり、セクシーで濡れたような唇であれば、男性は自然とその子とのトロけるようなエッチまで想像してしまい、「どうしてもキスしたい」「今日は抱きたい!」と本能で感じています。

秘密のアイテムを使って、クチビルに仕掛ける2つのワナ!

「エッチに誘われなくなった」「なぜかキスだけで帰される」「キスさえして来ない」というような彼は、実は男性本能で感じていないかもしれません。まずは、女性器のコピーとも言われるクチビルから罠を仕掛けてみませんか?

続きはこちら

Written by Gow!Magazine編集部