生前のザ・ザ・ガボールさん (c)Imagecollect.

写真拡大

女優・ソーシャライトのザ・ザ・ガボールさんが、現地時間18日に自宅で亡くなった。99歳だった。

ザ・ザさんはオーストリア=ハンガリー帝国時代のブタペスト出身で、1941年にアメリカに移住。映画『赤い風車』(52)や『黒い罠』(58)などに出演し、姉マグダさんと妹エヴァさんも女優として活躍した。ザ・ザさんはこれまで9回結婚して、私生活で注目されることに。2番目の夫でヒルトンホテル創業者のコンラッド・ヒルトンさんとの間に娘フランチェスカさんを授かっているが、コンラッドさんのひ孫であるパリス・ヒルトンは前妻との子供のため、血は繋がっていない。

ザ・ザさんは近年、健康上の問題が多く、2005年に脳卒中で手術を受け、2010年にはベッドから落ちたことで、股関節置換術を受けていたほか、2011年に壊疽を防ぐために右足を膝の上から切断していた。