ハイスペックなエリート男子。堂々としていて自信に満ち溢れていますよね。そんな彼の恋人になりたいけれど、「チャラそうだしモテるだろうし、私なんて選ばないよね……」と弱気になっているあなた! そんな弱腰では、ハイスペ男子の彼女になんてなれませんよ。
女子はナメられたら終わりです。ハイスペ男子を落としたいなら、ハッタリで勝負するしかありません! 今回は、肉食系ハイスペ男子の落とし方について、ご紹介します。

肉食系ハイスペ男子の落とし方

1: 高級品をもつ

ハイスペ男子は、自分に自信がない女性をわざわざ彼女にしたいとは思いません。自分に自信があり、まわりからみても「イイ女」である女性に興味をもちます。
そのためには、自信をもつことが必要不可欠! 手っ取り早く自信をつけるためには、高級品を身につけることです。最初は分不相応だと思うかもしれませんが、高級品に見合うようにと、仕草や振る舞いが自然と上品に変わっていきます。
自分磨きをしたいのであれば、まずは奮発して良いものを身につけてみましょう。

2: 美容費はケチらない

高級品をもつこともそうですが、女性として、外見に自信をもつことはやっぱり大切なこと。
読書や勉強などで内面を充実させることももちろん必要ですが、「自分はかわいい!」という自信がないと、恋愛で積極的にふるまうことは難しいのです。そのためには、美容費をケチってはいけません。

3: “イイ女”アピール

ハイスペ男子は、「価値のある女性」を彼女にしたいと思っています。たとえ自分のことを「イイ女」と思えなくても、自分をおとしめるような発言は控えてください。
「男運がない」、「全然モテない」など、自分の価値を下げるようなことを言ってはいけません。ハッタリでいいのです。いかに自分が魅力的な女性であるかをアピールしましょう。

・「今までの彼はみんな私に尽くしてくれた」
・「プレゼントもたくさんくれたし、優しかったよ」
・「浮気されても別れないなんて、ありえないでしょ」

――などなど。「痛い女だと思われそう……」なんて思うかもしれませんが、堂々としていれば、不思議と価値ある女性に思えてくるのです。

4: 迫られたらかわいくかわす

「価値のある女性」というものは、そう簡単に体を許してはいけません。男性から迫られたとしても、ひらりとかわしてください。
「そんな軽い女じゃないのよ!」なんて怒ったら怖いだけなので、「また今度ね」とニコニコしながら、かわいくかわすことを意識しましょう。苦労して手に入れた女性こそが価値ある女性なのです。小悪魔になりきってください。

5: 付き合ったあとは庶民アピール

高級品をもち、イイ女アピールをしてようやく彼を手に入れたあとは、ギャップで勝負です。
お金がかかる小悪魔だと思っていた女性に、意外と家庭的な一面があると知ったら……。恋愛モードから結婚モードにシフトチェンジです。恋愛のドキドキと、家庭的な癒しの両方を提供できる女性であれば、きっと彼をトリコにすることができるでしょう。