画像

写真拡大

 横須賀商工会議所とヤフーは12月16日、連携を開始すると発表。今後、三浦半島地域の中小企業向けにICT活用のコンサルティング、横須賀商工会議所が運営業務を行うECサイト「おもてなしギフト」の強化を行っていく。

 横須賀商工会議所とヤフーは12月16日、「中小企業のICT活用による経営支援」に関する基本合意書に調印し、ICTを活用した横須賀市内の経済活性化に向けた連携を開始する。

 来春、横須賀商工会議所内にヤフーのオフィスを開設し、従業員を派遣。今後両者は、三浦半島地域の中小企業向けに“ECサイトへの出店”や、“インターネット広告の運用”等のICTを活用した事業拡大に向けた相談、コンサルティングを行っていく。

 また、横須賀商工会議所が運営業務を行うECサイト「おもてなしギフト」の強化も両者は協力して行う。同ECサイトでは、日本商工会議所が推進している全国の名産品を事業者から受託販売している。

 両者の連携を通じて、三浦半島地区からの出店数を現在の26事業者から3年以内に100事業者まで拡大することを目標に、「おもてなしギフト」のシステムと「ふるさと納税」を連携した出店促進などを実施。

 その中で得られた知見を日本商工会議所を通じて全国に展開し、「おもてなしギフト」への出店促進や、全国の中小企業の販路、事業拡大を支援していくことを目指す。

MarkeZine編集部[著]