『Empire/エンパイア 成功の代償』シーズン2

写真拡大

リー・ダニエルズが手掛ける、米FOXの音楽業界における熾烈な争いを描く『Empire 成功の代償』と、音楽業界での成功を夢見るガールズグループを描く『Star(原題)』のクロスオーバー・エピソードが製作されることが明らかとなった。

米The Hollywood Reporterによると、2017年に放送される『Empire』シーズン3の最終話と、『Star』シーズン1の第1話でクロスオーバーが実現するという。『Empire』の主役で、大手レコード会社「エンパイア」のCEOにまでのし上がったルシウス・ライオン(テレンス・ハワード)が、『Star』のローランド(レニー・クラヴィッツ)と面会する展開に。そして、ローランドの娘アレクサンドラから、ガールズグループを結成したとの手紙を受け取ったルシウスが、レコード契約させてほしいと彼に説得にかかるシーンになるとのこと。アレクサンドラは、ロックスターである父親の影から抜け出そうと、必死になっているという役どころだ。

ダニエルズは、両作のストーリーがどう絡み合うかなどについては口を閉ざしているが、どちらも同じ世界を共有していることを認めており、これからもクロスオーバー・エピソードが製作される可能性はありそうだ。

『Empire』は、12月11日にシーズン3第9話が放送された後に中休みに入り、2017年3月22日(水)20:00よりシリーズ後半が放送開始予定。『Star』にはレニーの他、クイーン・ラティファ(『天国からの奇跡』)とベンジャミン・ブラット(『ドクター・ストレンジ』)の出演も決定している。(海外ドラマNAVI)