「沈黙 サイレンス」もトップ10入り (C) 2016 FM Films, LLC. All Rights Reserved.

写真拡大

 AFI(アメリカ映画協会)が12月8日、その年の映像芸術に重要な貢献を果たした映画とテレビドラマに与えられるAFIアワードに選ばれた各10作品を発表した。

 映画部門には、目下賞レースを席巻中の「ラ・ラ・ランド」や「ムーンライト」のほか、マーティン・スコセッシ監督の悲願の企画で、遠藤周作の小説を映画化した「沈黙 サイレンス」も入っている。

 2016年のAFIアワードに選ばれた作品は以下の通り(原題のアルファベット順)。

▽映画部門
「メッセージ」
「フェンス(原題)」
「Hacksaw Ridge」
「最後の追跡」
「ラ・ラ・ランド」
「マンチェスター・バイ・ザ・シー(原題)」
「ムーンライト」
「沈黙 サイレンス」
「ハドソン川の奇跡」
「ズートピア」

▽テレビ部門
「ジ・アメリカンズ」
「Atlanta」
「ベター・コール・ソール」
「ザ・クラウン」
「ゲーム・オブ・スローンズ」
「The Night Of」
「アメリカン・クライム・ストーリー O.J.シンプソン事件」
「ストレンジャー・シングス」
「This is Us」
「Veep/ヴィープ」