30万円で始めてから1年で5600万円、翌年1億7000万円、そして’16年7億円超えと資産は激増。その秘訣は常にハイレバのスタイルにある

写真拡大

わずか5分足らずの1回の取引で億を稼ぎ出したトレーダーがいる。FX界に現れた新星・spring氏だ。常にフルレバの連続で30万円の資金を4年で7億円にまで増やしたその手法を余すところなく公開する!

「’16年6月の英国民投票の日、1トレードで利益は1億2000万円になりました」と話すのは、専業トレーダーのspring氏。その資産は7億円を超える。豪快な稼ぎっぷりと強心臓から今、もっとも話題のFXトレーダーだ。

「FXは4年前くらいに始めました。インターネットで見て、お小遣いでも稼げたらなと資金5万円からスタート。仕事から帰宅後にテクニカル分析の本で研究して、小さな金額で試したりしましたが勝てない。移動平均線やオシレーターなどテクニカル分析を使っても勝てないことがわかり、チャートにラインを引くだけのシンプルなスタイルにしたんです」

 すると、半年ほどでライントレードの効果が表れてきた。勝ち方がわかった段階で資金を30万円に増強。1年後には5600万円に増え住宅ローンを返済し、会社を退職して専業トレーダーに。リスク管理の観点からFX資金を1000万円に減資し、’14年に再スタートしたが、いきなり億超えを果たしたという。

「黒田バズーカ第2弾があった年ですね。あのときは日銀会合の結果が出るのが、やけに遅かった。いつもなら昼12時すぎに出るのに13時を回っても発表されない。『これは何か材料が出るな』と米ドル/円を全力で買いました。黒田バズーカ第1弾で6円上がったことを思えば何か材料が出れば5円は上がるし、材料が出なくても下げ幅は1円程度だろうから、効率のいいトレードができる――そんな判断です。結果、追加金融緩和が発表され、米ドル/円は噴き上げた。この年の利益は1億7000万円になりました」

 30万円から2年で億超えを達成できた秘訣は、レバレッジにある。spring氏のトレードは当時も今もフルレバに近い状態が常だ。

「フルレバだからリスクが高いわけではありません。問題は“どこで損切りするか”です。損切りをエントリーするポイントの近くに置ければ、フルレバでも損失額は小さい。とにかくストップロスは早めにと心掛けています。’15年12月の日銀のときもそうでした」

 spring氏はそう言ってチャート上にラインを引いてくれた。

「トレードするときは日足から4時間足、1時間足の高値・安値に水平線を引いていきます。同時に日足レベルの大きなトレンドの方向も確認します。基本は順張り。なるべく逆張りはしません」

◆損切りはきれいに引けたラインの10pips上!

 ’15年12月の日銀会合時点の米ドル/円は半年ほど前に米ドルが高値をつけ、下落トレンドに転じつつあるタイミングだった。

「あのときは日足の高値である123.75円にきれいなレジスタンスラインが引けたので戦略が立てやすかった。日銀発表で瞬間上昇したら『レジスタンスラインの手前で売り、ラインを越えたら損切り』です。黒田総裁は補完措置を発表し123.55円まで急騰しましたが、すぐに上昇の勢いが弱まった。それを見て、ほぼフルレバで3000万ドルの売りです」

 ラインの10pips上で損切りしたとすると、3000万通貨取引なら損失は900万円になる。

「一方で1円下に動けば利益は3000万円ですから、リスクとリターンの効率はいい。このときは数日ホールドして2円ほど下で決済したので、6000万円の利益になりました」

 大きなトレンドに順張りしての押し目買い、戻り売りがspring氏の基本形となる。

「押し目や戻りの目安となるのが、チャートに引いたライン。ラインぎりぎりまで引きつけてフルレバに近い量でエントリーしていきます。ただ、それだけだとラインを一気に突き抜けてエントリーして即損切りされる『串刺し』になるリスクがある。そのためエントリーでは5分足の動きを重視します。ライン手前で5分足がレンジのような動きとなり、ラインが効いているのを確認してから入ります」