「舟を編む」が朗読劇に! (C)玄武書房辞書編集

写真拡大

 テレビアニメ「舟を編む」をもとにした朗読劇が、2017年7月2日に上演されることが決定した。櫻井孝宏、神谷浩史、坂本真綾、日笠陽子らアニメ版の主要声優が出演する。

 原作は、2011年に刊行された三浦しをん氏の同名小説。口下手な男・馬締光也ら辞書編集部員たちが、中型国語辞典「大渡海」を完成させるために奮闘する姿を描く。放送中のテレビアニメ版のほか、13年4月には石井裕也監督のメガホン、松田龍平と宮崎あおいの出演によって実写映画化され、国内の映画賞を席巻したことは記憶に新しい。

 朗読劇「舟を編む」は、東京・イイノホールで17年7月2日に上演。観劇できるのは、抽選で選ばれた幸運なファンのみ。1月25日発売のブルーレイ&DVD「舟を編む 上巻」完全生産限定版に封入される応募券での応募者を、抽選で無料招待する。なお開演時間等の詳細は、後日発表される。