画像

写真拡大 (全3枚)

 Facebookのメッセンジャーに、即時撮影機能や新しいデザインフレーム、3Dマスク、特殊効果が追加された。

 Facebookは12月15日(米国時間)、クリスマスから年末年始向けに、ユーザーが友人や家族とのコミュニケーションをメッセンジャー上でより楽しめるよう、カメラに関する新機能を発表した。

 現在メッセンジャー上では25億以上もの絵文字や写真、スタンプや動画が毎日送られている。くわえて、メッセンジャーのユーザーも増加していることから、同社は簡単にかつ楽しくやり取りできることを目指し、今回のアップデートに至った。

 今回行われたアップデートは大きく二つ。一つは、即時撮影機能の追加。同機能は、メッセンジャー上にホリデーシーズン仕様のシャッターボタンが画面中央に表示されるもので、ボタンをタップすることですぐ写真撮影ができる。さらに、長押しでビデオ撮影も行える。

 もう一つは、新しいアートと特殊効果の追加。3Dマスク追加機能や特殊効果を導入することで、フルスクリーンの写真にフィルタが適用され、アートのような仕上がりになる。トナカイになる、雪で遊ぶ、といった様々なエフェクトが用意されている。

MarkeZine編集部[著]