【70年代のF1マシン】ターボで革命を起こしたルノー

写真拡大 (全7枚)

ターボチャージャーによってGPのエンジン事情を一新

1966年にテクニカルレギュレーション(車両規則)が変更され、エンジン排気量がそれまでの1.5リッターから引き上げられた際に、3リッター以下のNA(自然吸気)及び1.5リッター以下の過給機付きエンジンとされていた。フォードがコスワースを支援して誕生した3リッターV8のDFVが完成して以降は、これがF1基準となった。

より高回転でハイパワーを狙うフェラーリなど一部のコンストラクターがV12をトライしたがあくまでも少数派。そして何よりすべてのエンジンが3リッターの自然吸気で統一されていた。そこに初めてターボ・エンジンを持ち込んできたのがルノーだった。

ちなみに、F1GPが始まった1950年代には機械式過給機=メカニカル・スーパーチャージャー、通称「スーパーチャージャー」を装着したエンジンもあったが、ターボチャージャーを装着したのはこれがF1史上初だった。

当初はトラブル続出で苦労したのは先駆者にはよくあるパターン。しかし、やがて熟成が進み、79年に初優勝を飾り、その圧倒的なパフォーマンスは大きな魅力となりライバルも追随する。そして80年代にはターボ全盛期を迎えることになるのだ。

ターボ・エンジンによるワールドタイトルはフェラーリに先を越され、結局、ルノーとしては最後まで手に入れることはできなかったが、F1GP史を振り返る上で、欠かすことのできない1台となった。

F1ターボ・エンジンの第一歩は黒いテストカーで始まった

1976 Renault A500

F2用の2リッターV6エンジンをベースに、ターボチャージャーを装着してグループ6のA442シリーズに搭載。ル・マン24時間制覇を最大の目標としてメーカー選手権に参戦したルノーは、F1GP参戦プロジェクトを同時進行していた。76年にはエンジンのテストベッドとしてルノーA500を完成させている。

CHSと命名されたV6のターボ・エンジンは、グループ6のA442シリーズ用のCH1Aのストロークを短縮して排気量を2リッターから1.5リッターに縮小したもの。ターボはCH1Aと同様ギャレット・エアリサーチ社製のコンパクトなタイプを1基、エンジン後部に搭載している。

インタークーラーは、通常では燃料タンクが収まっているドライバーの背後、つまりエンジンの直前にマウントされ、追い出された燃料タンクはコクピットの左右、サイドポンツーンに収められている。

エンジン後部、右サイドに出っ張ったダクトがエア・インテークで、シェイクダウンテストで追加装着されたドライバー後部、左右に張り出したダクトは、インタークーラーの冷却気導入用。2016年のフェスティバルofスピードで撮影。

ついに実戦デビューを果たしたターボ装着F1マシン

1977 Renault RS01

テストカーのA500の登場から1年後、1977年8月にシルバーストンで開催されたイギリスGPで、ルノー・ターボの本番用マシン、RS01が実戦デビューを果たしている。シャーシを手掛けたのはアンドレ・デ・コルタンツ。

A500も手掛けていた彼だったが、旧態然とした鋼管スペースフレームにアルミパネルを張ったセミモノコックから、アルミパネルで成形したツインチューブ・モノコックへとアップデート。

エンジンやインタークーラーへのエアインテークもずいぶんきれいに処理されていたが、シングルターボ+空冷のインタークーラー、というパワーユニットの基本パッケージはそのままで、デビューシーズンとなった77年を戦っている。

ちなみに、翌78年用へのアップデートでようやく、インタークーラーが空冷から水冷へと進化し、シーズン終盤のアメリカGPで初入賞を果たしているが、77年は参戦5戦中4戦でリタイヤ、1戦は予選落ち。78年も参戦14戦中9戦でリタイヤ、と熟成への道は険しかった。

多くの場合、オーバーヒートなど熱に関するトラブルでリタイヤすることが多く、湯気を立てている黄色のボディをもじって「イエロー・ティーポット」と揶揄されることもあった。

それでも可能性を信じて開発を続けた結果、新たな時代を切り開くことができたのだ。A500と同様、2016年のフェスティバルofスピードで撮影。ルノー・クラシック・コレクション所蔵で各地に出張することも多い。

ターボ時代の到来を予感させる圧倒的なパフォーマンス

1979 Renault RS14

RS1の後継として1979年の第5戦・スペインGPでデビューしたモデルがRS10。デビュー4戦目、ホームレースとなるフランスGPで見事初優勝。F1GP用ターボ・エンジンの開発を手掛けてきたドライバーのジャン-ピエール・ジャブイーユにとっても、F1GPに初めてラジアルタイヤを導入したミシュランにとっても初の栄誉だった。

デザインを手掛けたのは、ゴルディーニで腕を磨いてきたフランソワ・キャスタンと、シャルル・ドゥーチェ、リジェ、そしてアウトデルタ(アルファ・ロメオ)と渡り歩いてきたミッシェル・テツ。

ターボエンジンがツインターボ+水冷インタークーラーにたどり着くと同時に、空力面でもRS1でトライしていた、ロア・ウイングの翼端板を上方に伸ばして一体でU字型に成形し、それにアッパー・ウイングをマウントするスタイルを採用した。

これはルノーF1のアイデンティティとなった。前述したように79年のフランスGPで初優勝を遂げると同時にナンバー2のルネ・アルノーも3位入賞を果たすなどそのパフォーマンスは圧倒的で、80年代からのターボ時代を予感させるものだった。

RS10はシリーズとしてのネーミングのようで、79年のフランスGPで優勝した個体はRS14のネーミングだった、と展示パネルにあった。これもルノー・クラシック・コレクションの所蔵車両で、2013年にマラネロのカーサ・エンツォ・フェラーリ博物館で開催されたF1GP企画展で撮影。

(文・写真:原田了)