「逆さ坂」を歌うユニット・じゃんけん民から田名部未来(後ろ)と福岡聖菜(前)にインタビュー/撮影=大川晋児

写真拡大

10月に行われたAKB48じゃんけん大会の勝者たちによるユニット・じゃんけん民のシングル「逆さ坂」が12月21日(水)にリリースされる。ユニットに名を連ねるのは田名部生来、湯本亜美、込山榛香、渋谷凪咲、福岡聖菜、竹内彩姫、野澤玲奈の7人。

【写真を見る】「最後には“私がセンターだ!”くらいの感じでできて楽しかったです」と田名部/撮影=大川晋児

今回はセンターを務める田名部と、田名部と同じチームBに所属する福岡にインタビュー。楽曲やMVについて話を聞いた。

――じゃんけん大会から2カ月になりますが、改めて優勝おめでとうございます。

田名部:ありがとうございます。とてもチヤホヤしていただいた2カ月でした(笑)。改めてAKB48として活動を続けてきて良かった、と思いつつ、1つ1つのお仕事を大事に頑張っています。

――では早速ですが、今回のじゃんけんユニットシングル「逆さ坂」の第一印象を教えてください。

福岡:想像の斜め上でしたね。

田名部:こう来たか!と。AKB48の楽曲でポップな演歌調の楽曲は初めてだと思うんですが、私は演歌が好きなので、秋元(康)先生が私に合わせて歌詞を書いてくださったのかなって(笑)。“心は負けるな”というフレーズが好きですね。“上り坂も下り坂もあるけど、それでも道は開けるから最後まで心は負けるな”という内容がじーんときました。

福岡:私はセンターがたなみん(田名部)さんだから、酔っ払いの歌になったらどうしようって考えていて(笑)。でも、曲を聞いてみたら、たなみんさんに合った素敵な歌詞でした。私も歌詞を読んだときにすごく響きました。

田名部:若いながらも苦労しているメンバーが多いんです。今回のじゃんけんユニットの7人も含め、悩みながら頑張ってきたメンバーはいっぱいいて、それを表したような歌詞でもあると思います。

――今回の7人は若いメンバーが多いですが、MV撮影の雰囲気はいかがでしたか?

福岡:わちゃわちゃしてましたよね。

田名部:特に渋谷凪咲ちゃんと竹内彩姫ちゃんは話すのが初めてに近かったんですけど、社交的だなと思いましたね。

福岡:私は人見知りなのでどうなるのかと思っていたんですけど、みんながそれぞれに話しかけている感じで。

田名部:7人がちょうど良かったのかもしれない(笑)。MVもバラエティーに富んだ内容になっています。特殊メークでおばあちゃんになったりするんですけど、それを見てみんなで笑っていました。

――MVの見どころですね?(笑)。

田名部:「センターになったのにおばあちゃんか!」って(笑)。おばあちゃんになるMVなんて今までなかったので楽しかったです。

――福岡さんの注目ポイントも教えてください。

福岡:最終的にはみんながおばあちゃんになるんですけど、それぞれが個性豊か過ぎて(笑)。

田名部:将来できるシワを予想してメークをしてくださったんですけど、せいちゃん(福岡)は歌舞伎役者さんみたいなメークでした(笑)。

福岡:あと、くしゃみをするシーンがあるんですけど、たなみんさんがすごく上手なんですよ!

田名部:どうせなら面白くやりたくて、志村けんさんみたいにと試行錯誤しました。

――田名部さんの志村けん、楽しみにしています(笑)。ここまで曲全体のことを話していただきましたが、改めてセンターに立った感想を伺ってもいいですか?

田名部:(センターの立ち位置番号の)0番に立つというのは不思議な感じでしたね。畏れ多くてちょっとずれちゃったり、少し後ずさりしていたり(笑)。緊張しましたけど、私の背中を押してくれる後輩がいたので、最後には“私がセンターだ!”くらいの感じでできて楽しかったです。

――そんな先輩の姿を見て、いかがでしたか?

福岡: どれほどのプレッシャーなんだろうって思っていたんですけど、楽しくできていたと聞いて安心しました。大先輩なのに同じテンションで一緒に作品を作ることができてうれしかったです。

――同じチームBで活動していることが今回のユニットにも生きてきたんでしょうか。

田名部:このじゃんけんユニットにせいちゃんと野澤玲奈ちゃんがいるのがすごく心強かった。

福岡:えー!?うれしい!

田名部:ずっと愛を注いでいる後輩なので、こうやって一緒にシングルを出せることがうれしいですし、せいちゃんとノザ(野澤)がいるから大丈夫という安心感もあって、本当に良かったです。

――普段はどんなお話をしているんですか?

田名部:なんか一方的に私がせいちゃんのことを孫のようにかわいがっている感じ?(笑)。頑張っている姿を見るといちいち感情移入しちゃうんです。こないだは“トランペットとピアノを一緒に演奏するなんて、せいちゃんにしかできないよ!”って思いながら、テレビの前で泣きそうになりました(笑)。せいちゃんには感動させられることが多いですね。

――またおばあちゃんが出てきましたね(笑)。もう12月ですが、’16年でじゃんけん大会以外に印象的な出来事などはありましたか?

田名部:じゃんけん大会までは波乱の1年でしたね。夏に肩をケガしてお仕事ができなくなってしまって、ファンの方に悲しい思いをさせてしまったんですけど、最終的にはじゃんけん大会で今年1年の恩返しができたかなと思っています。これを機にどんどん自分を知ってもらいたいし、これからのAKB48にとって「こういうのもありなんだ」というようなユニットにしていければ、と思っています。

福岡:私は「センターに立ちたい」って言ってから、本当にセンターに立たせてもらう機会が増えました。公演のユニットのアンダー、チームB公演で披露した「翼はいらない」、圏外コンサート(9月の「来年こそランクインするぞ決起集会」)、「ハイテンション」のカップリング曲「抑えきれない衝動」。だから、“有言実行”の1年だったんじゃないかと思います。

――では、最後にそんな上り調子のお二人に、’17年の抱負をお聞きしたいと思います。

田名部:酔っ払いキャラが定着しつつありますが、もうちょっとスタイリッシュで格好良い姿をお見せしたいです(笑)。ただの“のんべえ”キャラじゃないぞ、と。お酒は飲んでいますけど、体形維持には気を遣っていますから。

福岡:私は“目指せ選抜!”ですね。同期が出る音楽番組にアンダーとして一緒に出演させていただいたときに「こうやって隣に並びたい」と思ったので、アンダーじゃなくて自分のポジションに立ってテレビに出られたらいいなと思います。