フランス・パリのエトワール凱旋門。幕末の1862年に福沢諭吉はパリを訪れた


 今、日本はあらゆる意味で、何度目かの「開国」を迎えているのではなかろうか。

 再来年の2018年は明治維新から150年、米英仏ロ蘭の5カ国に開国を約束した「安政の5カ国条約」を締結してから160年になる。日本政府は「明治維新150年」を盛大に祝うための行事をいくつか準備中だ。

 当時と今を比較すると、変わった事象も多いが、基本的に変わらないことも多い。

重大かつ困難な任務を帯びた使節団

 そんなことをつらつら考えたのは、11月末に『パリの福澤諭吉 - 謎の肖像写真をたずねて』(中央公論新社)を上梓したからだ。

「福澤諭吉がパリにいたことがあるんですか」と、彼が創立した慶應義塾大学の教授が驚いていた。「1万円札」の顔でおなじみの諭吉が、実は1862年に丁髷(ちょんまげ)に袴姿でパリをはじめ欧州を闊歩したことは案外知られていない。

 勝海舟らと共に「咸臨丸」で渡米したことはよく知られている。渡米の目的は、米国と交わした条約の批准書交換という儀礼なものだった。それに対し、パリなど欧州を歴訪したのは、条約の改正交渉という重大かつ困難な任務であり、西洋文明との激突という側面もあった。

 徳川幕府は「安政の5カ国条約」で開国を約束したが、約250年も続いていた鎖国の後に、いきなりすべての港と都市を開放するのは無理な相談だった。しかも、攘夷の嵐は吹きすさび、開国を進めようとした井伊直弼は1860年に「天皇の勅許を得ずに条約を結んだ」として暗殺された。

 そこで徳川幕府は、江戸と大坂の2市、新潟と兵庫の2港の開市・開港をもう少し待ってほしいと条約改正を交渉すべく、欧州に「文久遣欧使節団」を派遣することを決めた。米国は駐日公使ハリスがOKを出していた。

 この使節団に、27歳の下級武士だった諭吉も翻訳担当として参加した。パリは当時、「エライ勢力」と諭吉も指摘したナポレオン3世の絢爛豪華なブルジョア的西洋文明の極致だった。「パリ大改造」の最中で、「其奇麗なること欧羅巴州の第一にて、即ち世界第一」と現実主義の諭吉に絶賛させた。諭吉が見たこのパリの光景は今も変わっていない。

諭吉の写真は「日本人の知的階級の典型」

 一方、どんな野蛮人が極東からやってくるのかと待ち受けていたパリっ子たちは、初めて見るサムライ・ニッポン人が知識豊富で着物のセンスも洗練されていることにびっくり仰天する。新聞各紙は毎日、彼らの動向を伝え、報道合戦を展開した。

 当時は写真が普及し始めた頃で、パリでは時代の寵児ナダールが活躍していた。日本の使節団一行も彼の写真館に通い、写真を撮ってもらった。

『』(山口昌子著、中央公論新社)


 無名写真家ポトーが撮った諭吉の正面と真横、そして斜めの写真が残っている。ポトーは正面と真横の2枚を撮るのが常だが、諭吉だけ、なぜか例外的に斜めからも撮影された。

 フランスの人類学者ジョゼフ・ドゥニケールは人類学の古典「地球上の人種と人間」の中で、下級武士・諭吉の写真を取り上げて、「日本人の知的階級の典型」と紹介している。

「文久遣欧使節団」の行動を綴ったほとんど唯一の書籍である『大君の使節―幕末日本人の西欧体験』の著者、芳賀徹・東大名誉教授は、「幕末一のハンサムボーイ」と指摘しているが、青年の向上心、知識欲あふれる気迫に富んだ実に魅力的な肖像写真だ(右の表紙の写真)。

西欧列強の隷属国になっていたかもしれない日本

 諭吉は帰国後、パリでの見聞を主体に「西洋事情」を発表した。民主主義の真髄である選挙制度をはじめ、当時の日本人にとってはまったく新しい概念、発想、制度だった「商人社会(株式会社)」「外国交際(外交)」「新聞紙」「文庫(図書館)」「病院」「博物館」「蒸気機関」「瓦斯灯」などを幅広く紹介。特ダネ満載の同書は20万部の大ベストセラーになった。

 徳富蘇峰とフランスの日本学の先駆者クロード・メートルは、ともに諭吉を「日本のヴォルテール」と呼んでいる。ヴォルテールは啓蒙主義をフランスに広めた思想家である。そのたとえは、いい得て妙だろう。

 筆者は取材の過程で、フランス外務省の古文書館に、遣欧使節団のホテルの宿泊代から彼らのパン、バターの朝食代、シャンパン、ワイン付きの夕食代、入浴時の石鹸代まで記された請求書などが保管されているのを発見した。当時の彼らのパリ生活が具体的に分かって興味深い。

 諭吉たちは、日本が西欧列強の隷属国とならないように、決死の覚悟でヨーロッパに赴き、交渉したのである。そうした彼らの努力を今の日本人は忘れていないだろうか。若き諭吉の肖像写真は、そんなことを問いかけているように思える。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

筆者:山口 昌子