常識にばかりとらわれていては、新しいことなど何もできない。(写真はイメージ)


 私は頑固だとよく言われます。人の意見は聞きません。いや、正確にはいろいろな人の意見は聞くのですが、誰かが言った通りに行動することはまず無いんです。それは、起業をして成功するためには、人の言う通りにしていてはいけないと強く思うからです。

人の意見は善意に基づいた「常識」

 情報発信や事業をしていると「そんなやり方ではあなたが損をする」「もっとこうした方が良い」というご意見は、多くの方から頂きます。コンサル系の人の中には、ご自身のビジネスに繋げるために他人にダメ出しをする方もいらっしゃいますが、大部分は純粋に善意からのご意見です。「老婆心」というやつです。

 その方は自分にとって味方であり、私もそれが善意であることはよく分かるので、「ありがとうございます」と心から答えます。でも、そのご意見の通りに行動を修正することはまずありません。そのご意見から分かることは通常、それが「常識」であるのだろうな、ということだけです。

「常識」に従った行動をすれば、人に不快感を与えたり、叱られることは減るでしょう。しかし、成功しようとする人間にとって、いつも常識に従うことは正しいのでしょうか。相対性理論で有名なアインシュタインはこう言いました。

 常識とは、18歳までに身につけた偏見のコレクションのことを言う。

 まさにこれだと思うんですよ。常識というのは、多くの人が「正しいと思い込んでいる」ことに過ぎません。人に叱られないことをゴールに設定するなら、いつも常識に従うべきですが、成功をしようと思ったらむしろ、「どの常識が間違えているのだろうか」とテストする感覚が無いといけないと思うんです。

 そもそも、常識に従うなら、日本生命という立派な会社を辞めるなんてあり得ませんしね。誰に相談したって、「会社にしがみついておきなさい。それがあなたの家族のためだし、あなた自身のためでもある」と善意に満ちた回答をくれたことでしょう。だから、その決断に際しては、上司を含め誰の意見も聞きませんでした。

「それ見たことか」と言われても

 常識に逆らうことが怖くないわけではありません。「サラリーマンが安全」という常識に逆らって起業なんかして、路頭に迷った場合にはみんなから笑われるでしょうし、「それ見たことか」と小躍りする人もいるでしょう。「人の話を聞かないからだ。常識だろう。やっぱり、あいつはバカだった」って言われますよね。

 それが怖くて、常識には逆らえないという人が多いのではないでしょうか。失敗したくない。恥をかきたくない。人から笑われることなく一生を過ごしたい・・・。

 でも、それがあなたにとって、本当に一番大切なことですか。私はそれ、よく考えたら大したリスクじゃないなっていうことに気がついたんです。

誰もやったことがないことをやるから成功する

 どのリスクを取るかと言われたら、「失敗して恥をかくリスク」なんて一番積極的に取るべきリスクだとすら思うんです。それが顕在化したところで、失うものはないですからね、実は。逆に、「心身の健康を失うリスク」や「やりたいことをやらないで後悔するリスク」の方がよっぽど怖いということに気付きました。

 成功をするためには常識に囚われないことが大切で、発明王エジソンが言ったように、

 失敗ではない。うまくいかない方法を1万通り発見しただけだ。

という感覚。それこそが起業家に求められているものだと思います。だから私は、あらゆる常識にちょっとずつ逆らってみます。

 もちろん、法律を犯したりはしませんよ。ターゲットの設定や事業のサイクル、価格や売り方、情報発信のやり方に広告。基本は学びますが、そこから先は全て、試行錯誤します。

 そうやっていると、世の中の「常識」とされているものは、案外間違えているんだなということが分かります。ここにも穴がある、ここにも・・・。そうやって仮説を検証していくのが楽しくて仕方ないんですよ。むしろ私の場合はそれをしないで死んだら、後悔するという確信があります。

起業とは、間違いを犯す権利

 尽きるところ、会社を辞めて起業をするということは、間違いを犯す権利を得るということなのだとすら思うんです。もちろん、その権利を得るために失うものもあります。月々の安定した給料がその最たるものでしょう。ステータスに経費を使う権利、福利厚生、大企業の看板。でも、私に言わせれば失うものはその程度です。

 そんなちっぽけなものと引き換えに、頭の中に浮かぶ仮説を(恥をかきながら)検証し、修正してまた世に問い、成功すれば大きな報酬を得られるという最高のゲームに挑むことができる。そんな感覚でやってます。だから、申し訳ありませんが、みなさんのご意見に、私が素直に従うことはありえないんです。

 それでは、また。人生計画で夢を目標に変えて実現する、シナジーブレインの安田修でした。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

筆者:安田 修