Doctors Me(ドクターズミー)- 【予防と対策】「妊娠糖尿病」について、知っていますか?

写真拡大

「妊娠糖尿病」についてご存知でしょうか? 妊娠糖尿病は、実は約1割の妊婦のかたに発症するとわれています。
今回は、妊娠糖尿病について、医師に詳しい話を聞いてきました。

「妊娠糖尿病」とは

妊娠糖尿病は、妊娠前には糖尿病ではなかった妊婦さんが妊娠して初めて糖代謝異常が発見された場合を指します。軽度で、通常は産後に元通りになります。ただし、産後に糖尿病を発症しやすくなるといわれています。

妊婦のかたの約1割以上がかかるとされ、珍しいものではありませんが、やはり意識してかからないように予防していくこと、かかってしまったら最大の注意を払ってコントロールしていくことが大切です。

妊娠糖尿病の症状

妊娠糖尿病は、自覚症状がまったくないケースも多くみられます。通常の糖尿病の発症時と同様に、
・喉が渇いて飲み物を飲む量・頻度が増える
・排尿の頻度が増えたりする

といった症状があらわれることがあります。

ただ、これは妊娠によって起こる現象でもあるので、区別がつきづらいでしょう。

赤ちゃんに及ぼす影響やリスクは?

妊娠糖尿病が悪化した場合、以下のようなリスクがあります。

・流産や早産を引き起こしやすくなる
・妊娠高血圧症候群などを起こしやすくなる
・赤ちゃんが大きくなりすぎて難産になることがある
・赤ちゃんが出生後低血糖を起こすことがある
・赤ちゃんに新生児高ビリルビン血症があらわれることがある
・先天的な障害があらわれることがある

妊娠糖尿病を予防するには

妊娠糖尿病にならないための最大の注意点として
1.つわりが終わって食欲が出てきたとき、特に食べ過ぎないように気を付ける
2.常に体重を意識する

といったことが挙げられます。

体重を意識する一環としては、
・脂肪分の摂りすぎに気を付ける
・規則正しく一日3度の食事をとる
・野菜、海藻、豆類を取り入れた健康的な食生活を心がける

などが挙げられます。

妊娠の経過が順調で主治医から許可が出るようであれば、妊婦さんに適したマタニティスイミングやヨガなどの運動をしたり、体をこまめに動かすようにするのも効果的です。

妊娠糖尿病だと診断されたら

妊娠糖尿病であると診断された場合、多くの場合はまず、食事制限で様子を見ることになると思います。一日のカロリー数を制限したり、食後に血糖を測定します。また、医師の判断によって、軽い運動療法も勧められることがあります。

この食事療法で血糖に改善がみられない場合には、インスリンを用いた薬物療法を行うことになることが多いでしょう。

医師からのアドバイス

妊娠糖尿病と診断されると、ショックだとは思いますが、上手にコントロールしていくことで赤ちゃんや母体に対するリスクを減らしていくことができます。

血縁に糖尿病の方がいらっしゃる場合や、太りやすい体質の方などは特に気を付けていきたいですね。

(監修:Doctors Me 医師)