写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日産自動車と関連会社のオーテックジャパン、ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(ニスモ)は「東京オートサロン2017」(幕張メッセで2017年1月13〜15日開催)の出展概要を発表した。「スカイライン」「セレナ」の「Premium Sport Concept」など多数のカスタマイズカーを出展する。

日産は東京オートサロンに「スカイライン」「セレナ」の「Premium Sport Concept」を出展。「スカイライン」はカーボンエアロパーツを装備し、外観のクロームパーツをよりスポーティなダークカラーで統一した。リアビューを引き立てる専用エグゾーストを装着し、存在感を演出している。「セレナ」はボディ下部を貫くブロンズアクセントや張り出したフロントプロテクター、大径ホイールでスポーティ感を演出した。

展示車両はその他、「GT-R MY17 Premium edition」「フェアレディZ NISMO」や「マーチ NISMO S」(「NISMO SPORTS PARTS」装着車)など幅広いラインアップとなっている。EVに力を入れている日産らしく、「ノート e-POWER Mode Premier」「ノート e-POWER NISMO」をはじめ、「リーフ NISMO Performance Package」といったEVスポーツも展示される。「ノート e-POWER NISMO」は専用にチューニングを施したe-POWERドライブシステム、専用ボディ補強、専用サスペンションなどを採用した。

2014-2015年のSUPER GT GT500クラス連覇を果たした「MOTUL AUTECH GT-R」の2016年仕様や、スーパー耐久シリーズ2016 ST-Xクラスでシリーズチャンピオンを獲得したスリーボンド日産自動車大学校「GT-R」といったレーシングマシンも参考出品される。

(山津正明)