言ってはいけないNGワード!彼氏の「プライド」を傷つける彼女のひと言

写真拡大



男性は女性が思っている以上にプライドや自尊心が高く、傷つきやすくもある生き物。

何気なく放ったひと言で、プライドを傷つけて嫌われてしまうことだってあり得るのです。

そこで今回は、彼氏の「プライド」を傷つける彼女のひと言を紹介します。

■1.「口ばっかりだよね」

「『口ばっかりじゃん』と言われると、言い返すこともできずに、ただヘコむだけです」(28歳/男性/営業)

「自分がダメな男であるかのように思わされると、一緒にいるのもつらくなります」(25歳/男性/マスコミ)

言うことだけは立派で、行動が全く伴っていない。そんな彼氏の姿を見たら、イラッとしてしまうこともあるでしょう。とはいえ、「口ばっかりだよね」というひと言には、男性は激しく落ち込んでしまいます。特に、仕事のことに関してこんなことを言われたら、男性はあなたに憎悪の感情さえも抱いてしまうかも。

■2.「○○くんは稼いでるよね」

「他の男と稼ぎを比較されると、もうプライドはズタボロにされちゃいますね」(27歳/男性/販売)

「『○○くんは稼いでてすごいよね』って、俺は稼いでないって言われてるのと一緒です」(29歳/男性/飲食)

コレは彼氏に絶対に言ってはいけないひと言。男性は他の男性と比較されることを何よりも嫌います。しかも、「経済力」に関しての比較は、何よりも最も嫌がるもの。「経済力で負けている」と言われると、全てが負けていると言われているような感覚になるので、彼氏のプライドはボロボロになってしまうのです。

■3.「もう私がやるから貸して」

「ちょっとイライラしながら『もうやるから貸して』とか言われると、全てを否定された気になる」(31歳/男性/IT)

「『私がやった方が早い』みたいな言い方をされると、こっちもカチンときてしまいますね」(26歳/男性/公務員)

彼氏が何かを手際よくできていなかったとき、イラッとして思わず言ってしまいがちなのがこのひと言。「私がやるから貸して」とか「もういいや、私がやるよ」なんて言われたら、男としての面目は丸つぶれ。彼氏の耳には、「本当に何もできない男だよね」と言われているようにさえ聞こえてしまっているものですよ。

■4.「男らしくないよね」

「男らしくないと言われたら、人間性そのものを否定されたような感じすらしちゃいます」(27歳/男性/アパレル)

「男らしさや頼りがいがないというのは、男としては一番言われたくない言葉ですね」(29歳/男性/広報)

「男らしくない」と女性から言われたら、男性からすると全てを否定されたのと同じ気分になります。そんなことをされたら、あなたに対して敵対心すら芽生えてしまうかも。自分の存在を否定してくるような女性と、一緒にいたいとも思ってくれないでしょう。あまりにも激しく「男らしくない」なんて言ってしまうのは、さすがにNG行動ですよ。

■おわりに

女性としては何気なく言ったひと言であっても、男性を深く傷つけてしまうこともあります。特に、プライドを傷つけるような言葉は、大きな溝を作ってしまう可能性もあるので、不用意には発しないようにしましょうね。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)