グルー&ルーシーコンビが帰ってくる! (C)2017 Universal Studios.
ALL RIGHTS RESERVED

写真拡大

 ユニバーサル・ピクチャーズ/イルミネーション・エンタテインメント製作の3Dアニメーション「怪盗グルー」シリーズの最新作が、2017年夏に公開されることが決定。あわせて、新たな敵が登場する第1弾予告映像がお披露目された。

 前作の「怪盗グルーのミニオン危機一発」(2013)は、月泥棒を成し遂げ、孤児のアグネス・イディス・マーゴの父親となって悪党稼業から足を洗ったグルーが、誘拐された謎の黄色い生物ミニオンを助け出すため、美人捜査官ルーシーと冒険に出るさまを描き、日本での興行収入は25億円を記録。その後、公開されたスピンオフ作品「ミニオンズ」(15)は、興収50億円の大ヒットとなった。

 最新作の詳細は明かされていないものの、グルーと3姉妹、そしてルーシーの前に新たなライバル、怪盗バルタザール・ブラットが登場し、ミニオンたちも大騒動を巻き起こすことになるという。

 このほど公開された、第1弾予告映像では、1980年代風のスタイルで軽快に動き回るバルタザールの姿が描かれる。肩パッド入りのジャケットに身を包み、故マイケル・ジャクソンさんの「Bad」に合わせて海の上でムーンウォークを披露したり、チューインガムやルービックキューブを使って攻撃をしかけたりとやりたい放題のバルタザー。挙句の果てにはグルーにダンスバトルを挑んでおり、風変わりな敵であることがうかがえる。

 「怪盗グルー最新作(仮題)」は、2017年夏に全国で公開。