12月20日(火)に放送される「わたしに運命の恋なんてありえないって思ってた」(夜9:00-10:48)に出演する大政絢と志尊淳(右から)

写真拡大

12月20日(火)に放送される「わたしに運命の恋なんてありえないって思ってた」(夜9:00-10:48フジテレビ系)に出演する、大政絢と志尊淳が取材に応じた。

【写真を見る】大政絢は「久しぶりにこんなに”キュンキュン”する恋愛ドラマに参加できて、とても幸せな撮影でした」とコメント

同作は、多部未華子と高橋一生によるラブコメディードラマ。

高橋演じるアプリ会社の社長・黒川がひそかに思いを寄せる部下の桃瀬役に大政、多部演じる恋愛シミュレーションゲームプランナーの莉子と運命的な出会いをするアプリ会社役員・緑谷を志尊が演じる。

全ての撮影を終え、大政は「今回はクリスマスドラマということで、役としてだけではなく、自分自身もクリスマス気分を存分に味わえました。本当に久しぶりにこんなに“キュンキュン”する恋愛ドラマに参加できて、とても幸せな撮影でした」と振り返る。

志尊も「僕、この仕事を始めてから『クリスマスなんてなくなればいいな』ってずっと思ってたんですけど(笑)、ことしは本当にクリスマスを肯定していきたいなと思うような作品に出合えました」とコメント。

また、撮影中の楽しかった出来事について「以前も共演させていただいたことがある(高橋)一生さんとずっと二人でラブラブしていたのが楽しかったです(笑)」と、志尊が明かすと、共演の大政も「ずっとイチャイチャしてましたよね(笑)。私は、お二人が共演されていたことを知らなかったので、現場で『あれ? もうこんなに距離感が近づいて、私この現場になじめるかな』と不安になりました。

写真とかの距離も近かったので、『あれ? この二人できてるの?』と違った意味でドギマギしていました(笑)」と返した。

続いて、ラブコメディーとしてどんなシーンに“キュンキュン”するのかを聞くと、大政は「一生さんが、普段見せたことのないいろいろなキャラを見せてくるので、見てくださる方も『え、一生さんこんなキャラもできるの!?』みたいな“キュンキュン”さを味わってほしいなって思います。

“俺様キャラ”だったり、“甘えん坊キャラ”だったり、“王子様キャラ”だったり…本当にいろいろなキャラを素晴らしく演じ分けられていたので、途中で一生さんが誰だか分からなくなりました(笑)」と語る。

続けて大政は「私は意外と一生さんの“甘えん坊”キャラがかわいいと思いました。一生さんが甘えん坊キャラを演じられることはなかなかないと思いますし、普段すごく大人な一生さんが、あんなせりふを言ったら女心が揺さぶられますね。服もキャラに合わせて変わるので、衣装もチェックしてほしいです!」と、高橋の演技を絶賛した。

高橋と親交のある志尊も「本当に非の打ち所がないんですよ。どんな相談をしても親身に聞いてくれますし、押さえるところは全部分かってますね。完璧だと思います。どんなシチュエーションでも対応できる、“変幻自在キャラ”だと思います!」と、プライベートを例えた。

最後には、「今までにない最高のクリスマスドラマが出来たと思っています。“キュンキュン”だけじゃなく。一人一人の人間味がすごく出ていて、恋に対してかなう人とかなわない人とが分かれていく中でも、お互いを思いながら進んでいくという、クリスマスにぴったりなドラマになったと思います」(大政)。

「ここ2年くらいは『もうクリスマスなんてなくなればいいのに』っていう発想になってしまって。でも、このドラマ機会にやっぱりクリスマスはあった方がいいと思えましたね。変わりました(笑)」(志尊)と、それぞれアピールした!